関西文化芸術学院の学科紹介

  • 関西文化芸術学院のセラミックアート専攻
    土と炎の芸術といわれる陶芸は、身近な実用品はもちろん壁画やオブジェなど、さまざまな分野に大きく広がりを見せています。
    土の持つ新しい表現への可能性は無限です。ろくろ、その他の成形への多様な技法をまず身につけるとともに、釉薬の基礎的な特質を理解し、制作に向かいます。
    焼成窯、ろくろ等充分な施設・設備があなたの制作をサポートします。

    卒業後の主な進路

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter