関西学研医療福祉学院の卒業生からメッセージ

施設での生活にご満足いただけることがよろこび

  • 施設での生活にご満足いただけることがよろこび
    Mさん
    特別養護老人ホーム(奈良県天理市) 勤務

    五年間、デイサービス部門に在籍して在宅ケアにたずさわり、現在は施設で暮らしておられる方のケアを担当しています。利用者さまをチーム体制で支え、施設での生活にご満足いただけることがよろこび。学生時代に、他の学科の学生とも交流しさまざまな情報交換ができたことは、現在の仕事にも活かされています。今後さらに多様なケアに対応できるよう、医療分野の知識や技術も身につけるつもりです。

「自分に何ができるのだろう」と考え続けた

  • 「自分に何ができるのだろう」と考え続けた
    Uさん
    訪問看護リハビリテーション(大阪府大阪市)運営 勤務

    卒業後、作業療法士として現場で経験を積むなかで、対象者さまにもっと満足していただくためには、リハビリテーションのみならず、生活全般を支える必要があると考えるように。そして一念発起し、自ら訪問看護ステーションを立ち上げました。対象者さまを目の前にして、「自分に何ができるのだろう」と考え続けたことが、自分の意欲や志を高める原動力になりました。みなさんも”自分の理想”を持ち続け、実現に向けて努力を惜しまないでください。

”共感する心”を持った理学療法士を目指しています

  • ”共感する心”を持った理学療法士を目指しています
    Oさん
    病院(京都府城陽市) 勤務

    リハビリテーションの継続により、今までできなかったことができるようになる。そして、患者さまが心からよろこんでくださる。それは私にとっても大きなよろこびであり、「一緒にがんばってきて良かった」と思える瞬間です。入院期間中は患者さまにとって辛い時期です。だからこそ、いつも笑顔で接し、患者さまとよろこびをわかち合える、”共感する心”を持った理学療法士を目指しています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter