神戸総合医療専門学校の学科紹介

  • 視能訓練士科
  • 視能訓練士科
    ◆兵庫県で唯一の視能訓練士養成学科
    眼科の領域では従来からの医師と看護師という体制に加えて、メディカルスタッフとしての視能訓練士の重要性が注目されてきました。本学科ではこの眼科診療のスペシャリストの養成を行っています。視能訓練士の仕事内容は大きく分けて、視機能(ものを見る働き)に関する検査、斜視(ものを見るときに一方の目が正しく目標に向いていない状態)と弱視(視力の弱い状態)の検査と訓練・治療の2つがあります。病弱者・高齢者・子どもなどに接することも多いため、視能訓練士には思いやりや根気、責任感も不可欠だといえます。本学科では、人間性豊かな視能訓練士の養成をめざしています。

    ◆神戸総合医療専門学校視能訓練士科だからこその4つの強み!
    ・兵庫県でただ一つの視能訓練士養成校!
    視能訓練士は眼の健康を守るお手伝いをする仕事です。他の医療職に比べ養成校は少ないですが、眼に関わる業務には視能訓練士の専門的な知識が必要なため、ニーズは高まっています

    ・高い就職率!
    本学科の国家試験合格率は、毎年、全国平均を大きく上回っています。また、数多くの卒業生たちが実際の医療現場で活躍し、高い評価を得ています。そのため、高い就職率を誇ります。

    ・即戦力の人材育成!
    早期の段階から臨床実習を組み込むことで、即戦力となる人材を育成しています。

    ・幅広い対応を学ぶ
    視機能の検査、訓練治療などの知識に加え、早期治療が大切な子どもの眼の異常にも対応できるように、小児眼科学とともに小児科学を学び、保育実習も1年次から行います。

    卒業後の主な進路

    ・視能訓練士

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter