神戸総合医療専門学校の学科紹介

  • 理学療法士科
  • 理学療法士科
    ◆私学では兵庫県内で最も歴史のある理学療法士養成学科
    理学療法士は、さまざまな病気やケガなどにより体や手足が自由に動かしにくくなった乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層の人々に、理学療法を通じて、家庭や地域でよりよく生きるための援助を行います。本学科の教育目標は、知識・技術の修得だけではなく、患者さんが一緒にいたいと思っていただけるような信頼関係を築ける理学療法士を育てていくことです。経験豊かな講師を多数招き、豊富な臨床実習、きめ細かな指導を通して、専門性の高い教育に取り組んでいます。

    ◆神戸総合医療専門学校理学療法士科だからこその4つの強み!
    ・兵庫県で伝統を誇る理学療法士科!
    兵庫県内でも屈指の歴史を誇る本校は、その長い歴史の中で多くの人材を輩出してきました。開設以来、地域に根ざした学校展開によって、今ではしっかりとした地域の信頼を築き上げ、その結果多数の卒業生が兵庫県内で活躍しています。

    ・多彩で豊富な実習施設!
    本校の母体である新須磨病院や新須磨リハビリテーション病院をはじめ、協力関係にある実習施設が数多くあるため、多様な臨床実習を行うことが可能です。

    ・抜群の求人倍率と就職率!
    歴史と伝統を持つ本学科には、近年、年間約2,800人もの求人が寄せられており、常に高い就職率を誇っています。

    ・人間性豊かな人材の育成!
    理学療法士としての知識や技術を学ぶだけでなく、本学科では患者さんと向き合う姿勢を第一に考えています。患者さんやそのご家族から信頼される人間性豊かな人材の育成を行っています。

    卒業後の主な進路

    ・理学療法士

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter