学校や学生の特徴や雰囲気

校舎・施設紹介
校舎・施設紹介

現場に近い授業が自慢

◆プロの現場と同じ設備、充実した環境でお菓子づくりをじっくり学ぶことができます!
「洋菓子」「和菓子」「パン」それぞれの専用実習室。
プロの現場と同じ設備や器材。実際の店舗で現場を学べる、学校直営のカフェ。
そして、お菓子づくりの基礎からプロとしての心構えまでを指導してくれる一流の講師陣。
一人ひとりが集中してじっくり学べる環境をご用意しています。
洋菓子実習室
洋菓子実習室

現場に近い授業が自慢

ケーキやパイ、焼き菓子など洋菓子づくり専用の実習室。
オーブンやミキサーなどプロの現場と同じ設備や器材が充実。
モニターを設置しているので、先生の手元や細かな作業も見逃すことなく、お菓子づくりをたっぷり学ぶことができます。

◆オーブン(洋菓子)
常に同じ状態でお菓子をつくることができるよう、温度設定や焼き時間など使い方もしっかり修得!

◆卓上ミキサー
生クリームを泡立てたり、クッキー生地を混ぜたりします。作業効率もグーンとUP!

◆マーブル台卓
大理石でできている台。熱を通しにくいため、パイ生地やチョコレートなど、体温でも溶けてしまうものをつくる時などに必要です。
和菓子実習室
和菓子実習室

現場に近い授業が自慢

和菓子の基本である餡(あん)づくりに必要な「餡(あん)絞り機」「餡(あん)こし機」などの大型機械のほか、和菓子づくりに欠かせない道具が並ぶ実習室です。

◆油圧圧搾機
水槽に溜めた餡粒子を40cm×100cm大の絞り袋に入れて「水切り」を行う機械です。
約160kgの圧力をかけて脱水します。

◆加熱攪拌機
脱水を完了した「生餡」に砂糖、水を加えて練り上げて「餡」を製造する機械です。

◆製餡機
煮上がった豆類の表皮と身を分ける作業「摩砕と漉し」を行う機械です。
水を流しながら煮上がった豆類を「摩砕」して、表皮を取り除き、細かいステンレス製金網で「漉し」て餡粒子を水槽に溜めていきます。
パン実習室
パン実習室

現場に近い授業が自慢

ホイロや大型ミキサー、パン用オーブンなどプロの現場と同じ設備と器材がそろったパン実習室。 パンづくりのすべての基礎をここで学ぶことができます。

◆オーブン
製パン専用のオーブンは蒸気が出る物や、焼き床が石や煉瓦でできています。
リテイルベーカリーでは最も一般的な窯です。

◆ホイロ
パン生地を発酵するのに使う機械です。
温度と湿度を一定に保てるので、成型した生地を最終発酵まで管理できます。

◆縦型ミキサー
このミキサーは万能型のミキサーでフックを換えるだけで、パン生地からスポンジ等の菓子作りにまで使うことが出来ます。
その他の施設
その他の施設

現場に近い授業が自慢

◆cafeBene! (学校直営カフェ)
できたての甘く、香ばしい香りに包まれた学校直営のカフェ。学生たちには店舗実習の舞台であり、放課後のおしゃべりの場にも。手づくりのスイーツやパンは、神戸っ子の人気の的。

◆デコレーションルーム
演習授業やゼミの教室。ラッピングコーディネイトなどの技術を、しっかりマスター。

◆普通教室
製菓理論をはじめ、カフェ経営など、おいしさに磨きをかけるための知識を学ぶ教室。

◆パソコンルーム
コンピュータの授業だけでなく、話題のお店検索や就職のエントリーなど、 フル活用。

◆図書館・キャリアセンター
お菓子やパンづくりはもちろん、食に関する専門書や資料がぎっしり。またパソコンで気になる企業情報や求人票をチェック!

◆エレベーターホール
学校の正面入口から広がるエントランススペース。

◆学生ホール
ランチを食べたり、最新スイーツの情報を交換したり、学生たちの笑顔とおしゃべりが絶えないフリースペース。

◆カウンセリングルーム
学生生活や就職など、学生たちがいつでも何でも気軽に先生に相談できるので安心。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter