京都保健衛生専門学校の学科紹介

  • 京都保健衛生専門学校の第一臨床検査学科(全日制)3年
    第一臨床検査学科は、授業時間は午前9時10分~午後4時30分までで、土曜日は午前9時10分から12時20分までです。授業時間は90分で一日4コマずつ組まれます。

    □1年生
    まず、検査学の基本に入る前に、数学や化学・生物の復習から始めましょう。
    もちろん公衆衛生や血液学、病理学の総論部分も大切な勉強です。
    後期から準備実習が始まり、1月にきちんとした実技ができるように何度も練習します。

    □2年生
    2年生の授業は、検査学の授業が目白押し血液学や病理学、微生物学が始まります。
    また、2月より始まる臨地実習(学外)に向けて、学内での学習の完成度を高めます。
    臨床検査技師の卵として臨地に出かけます。
    初めは見学から始まりますが、11週間の長期実習で、徐々に臨床検査技師としての自覚が出てきます。

    □3年生
    3年生の授業は、前半期は歴史や医療経済学など一般教養部分の残りと遺伝子検査学の授業があります。
    健康食品管理士の資格試験が9月にありますので、それまで演習が続きます。
    後半期は国家試験に向けてそれぞれの科目の演習と国試対策が中心の授業です。

    卒業後の主な進路

    ・臨床検査技師

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter