近畿大学附属看護専門学校
今、看護の最前線では、医学・医療のめざましい進歩による少子高齢化社会の到来を背景に、多種・多様で多岐にわたる病に対する臨床看護と、健康保持・増進のための公衆衛生看護が大きく展開されています。
このため、医療現場では「科学と人間性」を基盤とする充実した看護と、その新しい看護教育の実践が、強く求められるようになりました。
これにこたえるため、本校では、看護に必須な知識と技術・態度を身につけるとともに、さらに正しい看護を目指して問題思考による「考えて行動する医療・看護」を学ぶことを看護師の育成教育目標としています。
「人に愛される人」「信頼される人」「尊敬される人」「人に奉仕できる人」の育成を教学の精神とする本校で、充実した看護学生生活を有意義に過ごし、心身ともに病める人々に暖かい手を差しのべ、安らぎと力・希望をもたらす看護の道を歩む医療人となっていただきたいと願います。