LEOPARDSTEEL附属養成所 松濤アクターズギムナジウム

お気に入り登録

資料請求
オープンキャンパス
クチコミを投稿する

メッセージ

  • SAGは個人の意志を尊重し、厳しくも優しく応援してくれる

    大熊 貴晴

    大熊 貴晴

    週3日コース本科

    基礎科での1年間は、役者としての現実を知るための期間だったように思います。

    SAGは、役者としての基礎はもちろん、プロとしての心構えに、業界のスタンダードや事務所の実情まで、一貫して「憧れの夢」ではなく「見るべき現実」についてを教え続けてくれています。

    しかし、私がそのことに、実感を持って気付いたのは、奇しくもSAGの外でした。

    それは、本科に上がってすぐに、様々なご縁から参加した外部の舞台。4000円近いお金を頂く舞台を作り上げる中で、自分に何が足りないのかを知り、それと同時に、強烈に「芝居が上手くなりたい」と思いました。
    そして本科のレッスンに戻ると、基礎科と比べ自由度の高い内容で「プロとしてどんな芝居を持ってくるのか」を問われるものとなりました。

    表現に終わりはありません。
    そして夢にも、限りはありません。
    しかし、養成所には終わりがあります。

    SAGは個人の意志を尊重し、厳しくも優しく応援してくれる土壌があります。長いようで短い時間の中で、現実的に「実現可能な夢」を追うための準備期間として、SAGは糧となってくれていると、そう感じています。

  • 認めて良いところもあるんだと、思わせてくれたのはSAGでした

    古賀 陽菜

    古賀 陽菜

    週3日コース本科

    私がSAGを選んだ理由は基礎を1から学びたいと思ったからです。SAGでは腹式呼吸や体づくり、感情解放などを1から教えてくれます。また、基礎科のうちからダンスや演技の発表会があり、人に見られるということを考えるようになりました。

    演技と一言に言っても、マイク前での演技、舞台演技など、講師が違えば考え方や教え方も違います。私が基礎科の時に一番悩んだのはリアルな演技とナチュラルな演技でした。
    最初はたくさん考えました。もし私1人で考え続けていたら考え過ぎて演技が嫌いになっていたかもしれません。そんなときに支えてくれたのが講師・事務局の方々、そして同じクラスのメンバーでした。

    またSAGでは所内オーディションが行われます。同じ夢を目指す仲間がどのように演技するのか、それを受けて自分はどう演技するか。終わった後にマネージャーさんや自分の演技を見ていた人にアドバイスをもらい反省して、次に生かす。私はその時間が大好きです。まだまだ自分には足りないことがたくさんあって、でも、認めて良いところもあるんだと、そう思わせてくれたのはSAGでした。これからも自分と向き合っていきたいと思います。

  • これからも真剣にのび太と向き合っていきたいと思っています。

    大原 めぐみさん

    大原 めぐみさん

    アニメ/「ドラえもん」のび太
    劇場版ドラえもんシリーズ
    PS2ゲーム「SIMPLE2000 THE 鑑識官」鑑太

    私がSAGに入所した理由を正直にお話ししますが、どこに行こうか考えている間に、どんどん他の養成機関の入所締め切りが過ぎてしまって、最終的にSAGしか入れるところがなくなってしまったからです。(笑)あとはやはり他の養成所より授業料が安かったということが大きかったと思います。

    SAGで学んだことで、大げさではなく自分の中の人生が変わったような感じです。 私にとっては本当に大きな経験でしたね。

    「ドラえもん」のオーディションの話を突然うかがったときには、「すごいすごい!受けさせてもらえるんだ!」って、それだけで感激してしまいました!!ドラえもんのオーディションを受けられただけでなく、まさかのび太役に決まるなんて!!

    これからも真剣にのび太と向き合っていきたいと思っています。

  • デビューのきっかけはSAG内のオーディションでした。

    木村 亜希子さん

    木村 亜希子さん

    ケッケコーポレーション
    『ロックマンエグゼAXESS』ロックマン
    『舞-HiME』鷺沢 陽子&市ノ瀬 小百合
    『テイルズ オブ イノセンス』ルカ・ミルダなど
    舞台、ゲーム、CDなど幅広く活躍。

    私がSAGを選んだ理由は、大学を卒業してすでに就職していたので夜のカリキュラムがある養成所でなければならなかったんです。さらに一人暮らしということもあって経済的にも余裕が無かったので、オーディションが無料だったり授業料が安いことも正直決め手のひとつになりました。

    デビューのきっかけはSAG内で行われたオーディションでした。入所して半年経つかどうかの夏休み明けすぐだったと思いますが、学内でオーディションがありましてそれに選ばれてCDドラマに出演しました。

    決まったときはとても嬉しかったです。当時はその仕事ができたということの喜びのほうが強かったですね。 声優の仕事は人前で歌を歌ったりラジオのパーソナリティーをしたりと本当に色々です。 私も最初は戸惑うことが多くて。そんなときに思うのはやっておいて損はないなということ。 むしろもっとやっておけば良かったとつくづく思います。養成所のレッスンだけじゃなくてそれ以外の時間でもやれることはたくさんあるはず。
    そうすればその分余裕を持って仕事に取り組めると思います。