明生情報ビジネス専門学校の学科紹介

  • コンピュータエキスパート科
  • コンピュータエキスパート科
    ◆修業年限:3年
    ◆男女:15名
    ◆初年度納入金:998,000円

    【設計・開発・運用の一貫したスキルを習得したエキスパートを目指す!】
    実技と資格の両面を兼ね備え、システムの設計・開発・運用の一貫したスキルを持つITエキスパートを育成します。C言語、Java言語の他、PHPやJavaScriptといったWebアプリケーション開発用の言語を習得し、データベース、サーバ運用、ネットワークの知識と構築・運用スキルも学びます。資格面では、ITパスポートと基本情報技術者、さらに応用情報技術者試験の合格を目指します。

    ①「設計・開発・運用」の一貫したスキル習得
    現在の情報システムは、プログラム、データベース、ネットワークを組み合わせた複合的なものです。本科では各分野を基礎から応用まで学び、システムの設計と開発、さらにネットワークやサーバの構築と運用までを一人で行えるエキスパートを育成します。

    ②情報処理国家試験の合格を目指す
    本科は情報処理国家試験を重視。合格は就職に直結します。1年次前半にITパスポート試験を、2年生にかけて基本情報技術者試験を、3年生にかけて応用情報技術者試験の合格を目指します。

    ③先進的な内容を用意
    スマートフォンアプリ開発、小型コンピュータの活用など、先進的な内容を用意しています。プログラミング言語も、CASLやC言語から、C#や関数型言語まで、幅広く習得します。


    【情報処理の資格を重視!】
    平成29年度前期 コンピュータエキスパート科・コンピュータネットワーク科 2-3年在校生
    情報処理技術者試験の合格済率(2017年7月現在)

    ITパスポート試験 95%
    基本情報技術者試験 50%
    応用情報技術者試験 15%

    2年生以上の在校生の半分が基本情報技術者試験に合格済です!


    【就職状況】
    2016年3月卒業者 就職率100%
    (主な就職先)
    関東情報サービス、コスモ石油、システムバンク、トッパン・フォームズ・オペレーション、日本総研情報サービス、ビー・エス・アール、富士通エフ・アイ・ピーDC


    【学費減額制度】
    学校推薦入試またはAO入試に合格することで、学費が減額されます。
    基準を満たした方全員に適用されることが特徴です。

    減額の内容:
     特待A 全年度の年間授業料(50万円)免除 募集定員の1/3以下
     特待B 全年度の後期授業料(25万円)免除 募集定員の1/2以下
     特待C 初年度の後期授業料(25万円)免除 募集定員まで

    ・学校推薦入試での適用基準
    特待A 評定4.0以上
    特待B 評定3.4以上 
    特待C 評定2.7以上 

    ・AO入試での適用基準
    特待A ・情報処理技術者試験、日商簿記2級など
       ・大学・短大を平成29年3月に卒業または卒業後1年未満で、GPA(4点満点)が3.0以上である者

    特待B ・日商簿記3級、全商簿記2級など
       ・大学・短大を平成29年3月に卒業または卒業後1年未満である者
       ・2年以上の就業経歴を持ち高い学習意欲を持つ者
       ・大学入試センター試験または大学・短大の一般入試を受験した者で、高等学校の成績評定が2.7以上の者

    特待C ・日商、全商、全経に複数合格
       ・大学・短大に在籍中または中退後1年未満の者
       ・就業経歴を持ち高い学習意欲を持つ者

    卒業後の主な進路

    ・プログラマー ・システムエンジニア(SE) ・ゲームプログラマー ・エンジニア ・ネットワークエンジニア ・webプログラマー ・アプリ開発 ・開発・設計 ・PHPプログラマー ・システム運用管理技術者

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter