西はりま医療専門学校の学科紹介

  • 作業療法学科
  • 西はりま医療専門学校の作業療法学科
     作業療法は乳児から高齢者までの身体または精神に障害のある人々、または障害の発生が予測される人々に対し、作業活動を用いて治療、訓練、指導および援助を行うことをいいます。
     治療手段としての作業活動には、食事、排泄、更衣、入浴などの日常生活活動や炊事、洗濯などの家事動作が含まれる生活関連活動、さまざまなレクリエーション活動、陶芸や手工芸などの創造的活動、生活に必要な時間や物、周囲の状況認識や記憶、計算などの学習基礎能力の発達を促す活動があげられます。
     これらの作業活動を通じて患者様の心と身体の機能回復、社会生活への復帰を目指します。さらに在宅の障害者やその家族の方々への助言、指導などの援助も含まれます。

    ●作業療法とは
     作業療法は病気や事故により発生する心身の障害を『作業活動』を通じ、もとの健康で正常な状態に近づけ、また生活上の困難となっている事を解消し、豊かな生活を営む援助を行います。そして、対象となる患者様の心と身体の機能回復、社会生活への復帰を目指します。

    ●作業療法学科の特徴
     作業療法士国家資格を取得することが1番の目標ですが、現在の医療現場から「求められる作業療法士」を養成することに力をいれています。学校の母体が医療法人であり、関連施設も多く、乳児から高齢の方まで様々な年代の方と接することができ、身近に医療現場を感じることができます。
     このような環境が医療従事者としての資質向上につながり、3年間という短い期間でも、医療現場で求められる作業療法士を育成することができます。また、病気や障害だけをみるのではなく、人と人の関係をしっかりと築くことができる、そんな作業療法士の育成を目指しています。

    卒業後の主な進路

    ・作業療法士

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter