西はりま医療専門学校の学科紹介

  • 理学療法学科
  • 西はりま医療専門学校の理学療法学科
    ●理学療法とは
    病気やケガによって身体に障害を抱えた方々に、基本的動作能力(起きあがったり、立ち上がったり、歩いたり)の回復を図るため、運動療法を行ったり、改善のための運動プログラムを考えたりします。また必要に応じて電気刺激、マッサ-ジ、温熱といった物理的手段を加える物理療法を行ったりします。

    ●理学療法士とは
    理学療法士は、身体に障害のある人々、または障害の発生が予測される人々に対し基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化を予防するためのリハビリテーションを施します。その内容は、患者様自身の身体運動を通じて治療を進める運動療法、運動を実際の生活の中で「目的動作」として訓練を行う日常生活訓練、熱・光・水・電気などの物理エネルギーを利用して治療を行う物理療法があげられます。理学療法は(座る・立つ・歩く)などの基本動作に問題のある患者様と最初に接する職種といえます。その中で障害者の方とともに悩み、考え、努力し、回復の喜びをともに分かち合える心を持つことが大切となります。

    ●当校の理学療法学科の特徴
    対象者の立場で対応出来る思いやりの心を持ち、的確な治療が出来る理学療法士の育成を指導方針としています。私達はそれぞれ熱意と使命を持って指導に当たっています。
    もしも「自分にそんな仕事が出来るだろうか?」「自分の学力でそんな資格が取れるだろうか?」そんな不安を持っている方がこのホームページを見ていたら、全く心配ありません。どんな方でも我々教員一同が責任を持って温かく、時には厳しく一生懸命指導します。そして「この学科に進んで良かった」と思えるように取り組んでいきます。

    卒業後の主な進路

    ・理学療法士

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter