大阪保健福祉専門学校の卒業生からメッセージ

患者さんからのひと言が、私の心の支えに。

  • 槇 春奈さん
    槇 春奈さん
    公益財団法人日本生命済生会付属日生病院勤務
    看護師
    大阪府立高槻北高校出身

    Q.看護師としてのやりがいは何ですか?
    A.患者さんから感謝の言葉をいただけることです。
    日勤帯では4~5人の患者さんを担当し、検温や手術の送り出し、術後のケアなどを行っています。
    看護師1年目の私は、まだ業務に追われ、未熟さを痛感する場面も多くあります。
    そんな私でも「あなたに話を聞いてもらえて良かった」「ありがとう、がんばってね」と言っていただけると、とてもうれしく思います。
    患者さんやご家族からの感謝の言葉に励まされ、「勉強しよう」「笑顔を忘れずにいよう」と前向きな気持ちになれます。

患者さんと深く関われる日々がうれしい。

  • 患者さんと深く関われる日々がうれしい。
    田村 沙也香さん
    医療法人三宝会南港病院勤務
    病棟クラーク
    三重県立名張高校出身

    検査予約の説明や診療補助など日々の業務の中で、患者さんが医師や看護師には言えないことを打ち明けてくださったり、帰り際に「ありがとう、安心しました」と言ってくださいます。
    こんな風に患者さんと深く関わり、力になれることを実感できる仕事をとてもうれしく、誇りに思います。
    現場ではたくさんの医療用語が飛び交っているので、学校での授業がとても役に立っています。
    今後は、医師事務作業補助技能認定試験を受け、自分自身のスキルを磨きたいです。

笑顔のコミュニケーションを大切にしています。

  • 笑顔のコミュニケーションを大切にしています。
    岡田 真依さん
    医療法人社団蘇生会蘇生会総合病院勤務 
    医療事務(病棟事務医事課)
    京都府京都市立塔南高校出身

    患者さんのストレスや不安を少しでも取り除ければと、丁寧な対応や笑顔のコミュニケーションを心がけています。
    時には患者さんから声をかけてくださることもあり、それがとても励みになります。
    大阪保健福祉で学んだことすべてが、現在のレセプト業務や患者さんとのコミュニケーションにしっかり活かされています。
    こんな風にやりがいを感じながら働けるのも、先生たちが家族みたいに親身になってサポートしてくれたおかげです。
    今も心から感謝しています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter