海洋生物保護専攻

  • 海洋生物保護専攻
  • ◆代表的なカリキュラム(例)
    【海洋哺乳類】
    海に生息する哺乳類について、その生態や飼育管理を専門的に学びます。
    【ダイビング演習】
    PADI・オープン・ウォーター・ダイバーライセンス取得のために必要な知識と技術を実践で学びます。
    【海洋活動】
    水族館やNPO団体と共に、海洋における環境保護活動や、地域社会に貢献する活動を行います。
    【イルカ・クジラ生息調査】
    イルカ・クジラウォッチングのほかにも、データ収集や船上での調査方法を学びます。
    【水生生物調査】
    川や海などに生息する生物の採集を通じて、水生生物の生態や生理について学びます。
    【潜水士対策講座】
    国家資格である「潜水士」資格。資格試験の傾向や対策などを取得のために学びます。

    ◆水族館スタッフ・アクアリストになるための4つのポイント
    【ポイント1】各地のフィールドで現場力を身につけます。
    全国のマリンフィールドが実習地です。調査・保護などさまざまな分野のプロから学ぶことで技術や知識を身に付けます。
    【ポイント2】さまざまな海洋生物について学べます。
    イルカやクジラなどの海洋哺乳類から、エビやカニなどの甲殻類、そして魚類などまで、生態や行動などを学びます。
    【ポイント3】海洋生物のプロフェッショナルから多くを学ぶ!
    業界で活躍をしている海洋研究所所長や研究機関の研究者の先生方から、現場で必要な知識や技術を学べます。
    【ポイント4】多くの資格を取得して分野を広げる。
    PADI・オープン・ウォーター・ダイバー、潜水士、小型船舶操縦士1級・2級などさまざまな資格を取得し専門分野を広げます。
他のコース

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter