大阪キャリナリー製菓調理専門学校の卒業生からメッセージ

からだにやさしいごはんで、 たくさんの人が癒やされる空間に。

  • 岩佐さん
    岩佐さん
    大阪校 カフェビジネス科
    平成16年卒業

    小学生の時には「コックさんになる!」と決めていました。
    キャリナリーで学ぶものは全てが新鮮で楽しい記憶しかありません。
    その中でも特に印象に残っていることは、実際にカフェのオーナーから技術を教えていただいたり、お話を聞かせていただいたりしたことです。
    また、開業計画書の書き方も授業で学んでいたので、実際に開業するときにスムーズに進めることができました。
    たくさんの方に安らぎの場となるようなお店をイメージし開業しました。
    開業して1年が経ち、常連のお客様も増えてきて、お客様の喜んでいる姿を見ることができる毎日が充実しています。
    これからも、癒しの空間とからだにやさしい料理を提供し続けたいと思っています。

多くの人々に気軽に美味しい珈琲を 提供できるお店に。

  • 杉山さん
    杉山さん
    大阪校 カフェビジネス科
    平成27年卒業

    『もともと好きだった珈琲の店を出したい』と思って、ホームページで学校を探していると、キャリナリーの卒業生が私もこだわりたかった自家焙煎のお店を開業していることを知りました。
    そして、実際に足を運び、授業や開業までのお話が聞けたことがきっかけで、入学を決めました。
    学校では、触れたことのないマシンで実践的な技術を学び、今に活きていると思います。
    開業するにあたって一番苦労したことは、物件探しですね。
    ショップマネジメントの授業を担当されている先生に、物件について意見をいただいたり、経営・運営についてアドバイスをいただいたので、私の夢である自家焙煎のお店を開業することができました。
    たくさんの方に、珈琲の魅力を伝えていけるようこのお店を大切にしていきたいです。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter