大阪キャリナリー製菓調理専門学校の先生からメッセージ

「なぜ?」を考える探究心それが、技術を磨く力

  • 「なぜ?」を考える探究心それが、技術を磨く力
    西原 金蔵先生
    神戸ポートピアホテル「アランシャペル」に勤務後、再度渡仏し「アランシャペル」ミヨネー本店の製菓長に就任。
    以後、資生堂パーラー総製菓長などをつとめ「オ・グルニエ・ドール」を創業。

    お菓子作りで重要なのは「配合」と「手順」といわれます。
    それにプラス「なぜそうするのか」という探究心を磨いてください。
    理由が理解できてこそ基礎技術は定着し、自分なりの工夫もできるようになります。
    そして、講師の手の動きは見逃さずに。
    経験に裏づけられたテクニックを吸収してください。

人の縁を大切に!それこそが、やがて財産になる。

  • 人の縁を大切に!それこそが、やがて財産になる。
    フィリップ・ビゴ先生
    1965年、日本にはじめてフランスパンを伝える。
    (株)ドンクに7年勤めた後、神戸・芦屋にフランスパン・フランス菓子の『ビゴの店』を設立。

    パン屋は努力を重ねてお客様に「喜び」を感じてもらって、はじめて成功したといえると思います。
    又、自分の人生も豊かになるのです。
    学校では知識を蓄えるだけではなく、こうした出会いや「縁」というものも大切にして下さい。
    皆さんの今後の仕事や生き方の大きな財産となるはずです。

学生時代は、基本を学び、経験を積んで!

  • 学生時代は、基本を学び、経験を積んで!
    山根 大助先生
    関西を代表するイタリアンの巨匠。
    2002年、イタリアのレストランガイドで、日本のイタリアンレストランの中で最高点の評価を獲得する。

    プロと学生との違いは、「出来上がりまでの逆算ができるかどうか」です。
    出来上がりをイメージして、やるべきことをやるべきタイミングでやる。
    調理とは、「理論」と「経験」で培われる自分なりのセオリーの結晶です。
    学生時代は、この二つを徹底的に鍛えて、プロとしての基盤を作ってください。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter