履正社医療スポーツ専門学校の学科紹介

  • 理学療法学科 4年
  • 履正社医療スポーツ専門学校の理学療法学科 4年
    特徴1:アスレティックトレーナー(AT)資格取得授業受講可能
    ATの資格を取ることで、スポーツ界で活躍する道も開かれます。
    このように臨床医療とトレーナー学のどちらも学ぶことができるのは、履正社だけ!
    両学科に同時に所属するよりも経済的に効率がよく、個人のスキルアップにもつなげることができます。
    日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)とは
    スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとにスポーツ選手の健康管理、ケガの予防、スポーツ外傷、障害の応急処置、アスレティックリハビリテーション及び体力トレーニング、コンディショニング等を担当するのが主な仕事。アスリートの教育者・相談役、また選手をメディカルサポートしていく上でのコーディネーターというように様々な役割を担うスペシャリストです。
    特徴2:「高度専門士」の称号付与
    本学科は「高度専門士」の称号付与に対応しています。
    高度専門士は大学卒の「学士」と同じく大学院への受験資格が与えられます。

    高度専門士とは
    平成17年9月~専修学校の専門課程修了者の学習の成果を適切に評価し、その社会的評価の向上を図るため、一定の要件を満たす高度な職業教育を行う専修学校の専門課程修了者に対し、これまでの「専門士」とは異なり、新たに「高度専門士」の称号を付与。
    公務員に採用された場合、(4年制)大学卒業者と同等の給料となる。
    各大学院が大学院修士課程(博士前期課程)入学資格について高度専門士の称号があれば得られる。
    特徴3:ゆとりをもって学べる昼間部と働きながら学べる夜間部を設置
    夜間部の授業開始を午後6時30分に設定、働きながら学べる環境が整っています。
    昼間部は9時30分から。進路にあわせた補習授業・実技実習・補習時間が充分にとれるように設定しています。
    特徴4:Wスクール
    サッカー、野球、テニス、バスケットボールのアスリートとして競技を続けながら資格取得が可能です。(夜間部)
    スポーツ科の学費は免除されます。(ユニフォーム代・遠征費等の実費必要)

    卒業後の主な進路

    ・スポーツトレーナー ・理学療法士

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter