介護予防指導員養成講座

  • ◆好評開講中!!
    【講座概要】
    2035年には国民の3人に1人、2060年には国民の2.5人に1人は高齢者となる見込みです。
    また、同じく2060年には、現役世代1.2人で1人の高齢者を支える社会が到来すると推計されています。
    また、要支援者数は1,606,870名、要介護者数は4,199,927名の合計5,806,797名(2013年12月現在)が何らかの支援が必要となる方々です。
    東京療術学院では、「自立した状態で生活する」「健康で長生きする」方を増やすことを目的とし、介護予防に関する理解を深めることで、健康寿命を延ばすことをサポートするための講座となります。

    【介護予防とは】
    「介護予防」とは、健康な生活を長く続け、
    介護を受ける状態にならないようにすることです。
    そのための基本的な知識・技術を修得することを講座の目的としております。
    また、高齢期に入った方をを介護状態にしないためだけではなく、介護が必要になった場合に、
    それ以上悪化させないように改善していくのも介護予防の1つと考えております。

    【受講対象者は】
    介護職の方はもちろん、どなたでも、全員が修得すべき知識・技術です!
    主婦の方、施療者の方、スポーツ関連業の方など、多くの方が実際に受講されております。
    介護退職と言われる介護を理由に退職した方は56.8万人以上にも及びます(みずほ総研発表)。
    今こそ、介護予防に関する知識が必要とされる時代となっております。

    【介護予防指導員養成講座とは】
    3日間集中型で介護予防に関する知識・技術を修得頂ける講座となっております。
    初心者の方でも分かりやすく、無理なく修得ができます。
    ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    ◆受講料/試験料
    18,000円(受講料)+2,000円(試験料)=20,000円
    ※更新費用 2年に1回 4,000円

    ◆資格内容
    資格名:介護予防指導員
    形式:カード

    ◆内容
    3日間の講習 ※申込受付中!
    【1日目】介護保険・介護予防、リスクマネージメント、筋力トレーニング他
    【2日目】個別プログラム作成、ストレッチ、修了試験他
    【3日目】DVD研修

    ※開催日程はお問い合わせください。
他のコース

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter