新大阪歯科技工士専門学校の卒業生からメッセージ

「海外」&「独立」、2つの夢を叶えるために。

  • 「海外」&「独立」、2つの夢を叶えるために。
    槇原 準さん
    株式会社アイクラフト 代表取締役
    1996年卒業 Ⅰ部

    僕の夢は、「海外で働くこと」と「独立すること」でした。
    これらを叶えられると思い目指したのが歯科技工士という職業。
    卒業後、単身アメリカへ留学。やはり、言葉の壁は大きかったですね。
    でも、この時期が一番語学力がついたと思います。
    2年後、ロスに本社があるラボ(歯科技工所)に就職。
    大阪支社で1年、ハワイで2年間勤めました。
    その後、東京のラボに転職し、1年後に独立開業の夢を実現!
    独立するのは、言葉の通じない海外に行くよりも不安でした。たった一人で開業し、海外生活が長くつながりもない中、あるのは数少ない出会いだけ。一つひとつの仕事を大切にしたことが、今の成功につながっているのだと思います。
    歯科技工士になってよかったと思うことは、自分の夢を叶えられたことと、収入面。会社員時代とは全然違いますからね。
    今後の夢は、どのラボにも負けない、質の良いものをつくっていくことと、スタッフの数ももっと増やし、働きやすい職場環境をつくることです。

営業という道を選び、新しい可能性に向かって挑戦中!

  • 営業という道を選び、新しい可能性に向かって挑戦中!
    谷中 佐久子さん
    株式会社DL.WORLD 営業部長
    2002年卒業 Ⅰ部

    元々モノづくりが好きで、学生時代は図工の成績がよかったんです(笑)。
    それがいかせる仕事がしたくて、歯科技工士を目指しました。
    それに、人の役にも立つ仕事ですし、
    学校での2年間は楽しかったですね。
    先生にもいっぱいしごかれました。
    私はデンチャー(入れ歯)が得意だったので、デンチャー(入れ歯)専門のラボ(歯科技工所)へ就職を考えていました。
    先生から「私にあっている!」とすすめられ株式会社DL.WORLDに就職。
    この会社で、歯科技工士としての技術を磨いている中、組織の変更があり、社長に「営業が向いていると思うから営業をしないか?」と声をかけていただきました。
    人と接するのは好きなので営業としてスタートすることに!
    なかなか話を聞いてもらえないこともありますが、契約できた時は本当に嬉しくて、やりがいを感じます。
    歯科技工士は年齢などに関係なく、資格を活かして活躍できる職業だと思います。
    私は、主人と社長の理解があるため家庭と仕事が両立できています。

「安定して長く続けられる仕事がしたい!」と思い、転職を決意

  • 「安定して長く続けられる仕事がしたい!」と思い、転職を決意
    松葉 めぐみさん
    みはら歯科医院 歯科技工士
    2012年卒業 Ⅰ部

    以前は医療とはまったく別の業界にいて、違う仕事をしていたのですが、手に職をつけて、安定して長く続けられる仕事がしたい!と思って、転職を決めたんです。
    想像もつかない技術職への転職に不安もありましたが、体験入学に行った際に、先輩に親切にしてもらったり、学校の雰囲気が自分に合っていると感じ、新大阪歯科技工士専門学校への入学を決めました。
    就職先を今の歯科医院に決めたきっかけは、在学中から自分のことを見ていてくれた先生の勧めと、見学に行った際のインスピレーションでした。
    卒業して資格をとってから、実際に働いてみると技術職ってすごく楽しい!って思いました。
    院長は未熟な私に色々挑戦させてくれるし、つらいことがあっても患者さんからの『ありがとう』に励まされて頑張れるし、やる気も出ます。
    毎日が充実しているから、今では転職して本当によかった!って思います。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter