アピールポイント

歯科技工士の仕事

歯科技工士の仕事
「体の一部」をつくる究極のオーダーメイド。
「技術者」の立場から笑顔と健康をつくる仕事です。

歯科技工士とは、虫歯や歯周病などで削ってしまった歯、失ってしまった歯を復元する医療技術職で、国家資格の一つです。
歯科技工士がつくる歯は、一人ひとり違う歯の形や色に合わせた完全オーダーメイド。
天然歯のように美しく、よく噛める歯をつくる歯科技工士の仕事は、笑顔と健康をつくる素晴らしい仕事です。
歯は、物を食べたり、人と話す上で欠かせない身体機能の一部であり、私たちの表情をつくっている顔の一部でもあります。
特に高齢化社会である現代、高齢者の健康や自立を支える上で歯の健康は不可欠であり、近年では「見た目の美しさ」を追求する審美歯科のニーズも急激に高まっていることから、歯科技工士の役割はこれからますます重要になっていくといえます。
歯科技工士の魅力
◆一生モノの「国家資格」
歯科技工士は、厚生労働省所管の国家資格。
社会的信頼も厚い資格であり、専門性の高い技術職であるため、一生の仕事として続けることができます。
女性の場合は、結婚、出産などでライフスタイルが変わっても安心して続けることができますし、復職がしやすいことも魅力です。

◆独立開業できる技術職
歯科技工士は「開業権」を持った国家資格ですので、自宅での個人開業や歯科技工所の経営といった独立開業が可能です。
本校にも、20代、30代で開業し活躍している卒業生が多数!

◆海外での活躍も可能!
日本の歯科技工技術は世界で高い評価を得ており、ヨーロッパやアメリカ・ニュージーランド・オーストラリアで活躍している卒業生が多くいます。

◆将来性の高い仕事
今後本格的に進む高齢化。高齢者が増えることで入れ歯の需要も増えることが予想されています。
また、審美歯科やインプラントなど、白く美しい歯に対する要求が高まっていることもあり、歯科技工士の需要はこれからさらに高まっていくと考えられます。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter