東京服飾専門学校の学科紹介

  • 専攻科
  • 専攻科
    本校の専攻科では、2年間で培った専門知識をもとに、自分が求めるスキルを伸ばすために集中して学ぶことができます。そのために、自分自身でテーマを設定しプランニングや物づくりをすることに時間をかけることができます。机の上だけの勉強ではなく、その人ぞれぞれの個性や好みに合った一連の創作授業の展開も魅力です。個人の発想力と行動力を育むための「個人研究制作」、各科の特性をより深化させるための「経営マネジメント論」「デザインプランニング」「パターンメイキング&モデリング」「舞台衣裳製作」、企業とコラボレートすることでリアルな現場を体感できる「商品企画制作」、各自が持てる力を広げて、アーティストや経営者までを目指せる環境づくりを行なっています。有名デザイナー・ブランドディレクター・企業経営者など、トークゲストも多数お越しいただきます。

    【カリキュラム】
    (商品企画制作)有名企業とのコラボレーションを軸に展開。企画・製作した作品が実際の売場で展開されます。また、tfacのWebショップ「ショップ&ギャラリー」での展開も行なっていきます。

    (個人研究制作)生徒個人、またはグループで研究テーマを設定。校内資源をフル活用して、プランニングや制作活動を行う授業です。やりたいこと・実現したいことが追求できます。

    (ショー企画)毎年、年度末に行なわれる卒業制作ファッションショー。このテーマ設定からイメージ出しまで、すべて行ないます。「何を」「どうするのか」、イベントに向けてゼロからつくりあげていく授業になります。

    修学年限:1年
    ※2年終了後、専攻科1年への進学もあり。(スタイリスト科については2年、モデルコースは1年で履修が修了になりますが他学科への編入が可能です)

    卒業後の主な進路

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter