東京服飾専門学校の学科紹介

  • アパレル造形科デザイナーコース
  • アパレル造形科デザイナーコース
    海外でデザイナー経験を持つ講師や、現役で活躍する数多くのデザイナーが指導にあたります。現場での商品企画から製品化までのプロセスが組み込まれているカリキュラムが魅力的! 企業とコラボレーションする共同ブランドの商品製作のほか、アーティストや雑誌、写真集の衣裳デザインなどにも携わります。また「マーケティング」で今の流行を踏まえたシーズンマップを作成。「デザイン企画」で商品を作ってプレゼンテーションをするまでの過程は、企業デザイナーが現場で行なう流れと同じです。現場の空気をたっぷり味わいながら、個性を生かした作品を製作。デザインテクニックを磨きます。

    【カリキュラム】
    (デザイン演習)アパレルデザイナーが毎日行っている作業をベースにして、具体的なデザイン力を鍛えます。これで現場ですぐに戦力になれるスキルが身につきます。

    (Mac演習)アパレル企業において必要とされるコンピューター(Macintosh)技術を学びます。グラフィックソフトの基本操作を習得しデザイン表現の基本をマスターします。

    (ドレーピング)講師によるマンツーマンでの指導により、1枚の布から立体作品を仕上げることで、確実にスキルとテクニックが身についていきます。

    (テキスタイル実習)大判工業規格のシルクスクリーンプリントによるオリジナル生地デザインやプリントパターン、捺染を実習して作品制作します。

    (服飾縫製)「服飾造形」は、色々な服を作れるのが最終目的。自分が着たいものはもちろん、舞台衣裳やアーティストやタレントさんの衣裳も作れるようになります。

    入学定員:20名
    修学年限:2年

    ◆学費
    授業料:580,000円
    維持費:110,000円
    諸費:50,000円
    各科入学金…150,000円
    各科共通材料諸費用…150,000円
    各年次の総額費は740,000/年 円

    卒業後の主な進路

    ・ファッションデザイナー

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter