東京服飾専門学校の学科紹介

  • アパレル技能科テクニカルコース
  • アパレル技能科テクニカルコース
    ミュージカルやコンサートなどの舞台衣装を作ってみたい人、自分で何かを作ることが好きな人にはピッタリのコース。ドレス製作や、アトリエでの縫製、劇団の衣裳製作などの研修にも参加して夢を広げてください。ソーイングテクニックはもちろん、どんな服でも作れるようにパターン技術も習得します。「工業ソーイング技術」では縫製士として必要不可欠な工業用ミシンの扱い方や知識を完全習得。「生産管理技術」では企業の生産管理者としての知識を習得することができるので、将来の就職の幅を広げることが可能。帽子やコサージュの製作などもカリキュラムに組み込まれているので、自分の作品を着実に増やすことができます。

    【カリキュラム】
    (服飾製図1)自分が作りたい服をデザインし、それをどのように型紙に起こせばいいのかを実践。そのスキルを身につける授業です。

    (服飾造形)自分自身が着てみたい服はもちろん、舞台衣装や凝ったデザインの服でもつくれるように知識と技術を磨いています。

    (クラフト・制帽)「クラフト」では好きな色に生地を染めてコサージュを製作します。また「製帽」の授業では、ベレー帽、キャスケットなど、自由にデザインして型紙から製作。

    (生産管理技術)服の生産過程における縫製の様々な技術と知識の習得。デザインに合わせた縫製技力と知識を身につけます。

    入学定員:20名
    修学年限:2年

    ◆学費
    授業料:580,000円
    維持費:110,000円
    諸費:50,000円
    各科入学金…150,000円
    各科共通材料諸費用…150,000円
    各年次の総額費は740,000/年 円

    卒業後の主な進路

    ・ステージ&舞台衣装製作

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter