トヨタ東京自動車大学校の卒業生からメッセージ

大好きなことだから、誰にも負けたくない!

  • 大好きなことだから、誰にも負けたくない!
    小林 祐さん
    横浜トヨペット(株)

    入社した横浜トヨペットでは、一般整備のほかに自動車検査員として働いています。自動車検査員の役割は、車検で整備したクルマが保安基準に適合しているかを検査することですが、国から認められた資格なのでその責任は重いです。自動車検査員になるには、2級自動車整備士資格を持っていることが最低条件で、まず整備主任者として会社に認められ、その上で1年以上の実務経験を積まなければ取得できません。
    入社当初は、先輩たちの作業の正確さとスピードに驚いてばかりでした。早く先輩たちのようなエンジニアになりたいという思いとともに「先輩たちに勝ちたい」という強い気持ちで技術を磨いてきました。学生時代に得た基礎的な技術は、新人時代から本当に役立ちました。基礎的な技術をしっかりと身につけて社会に出られたこと、社会に出てからも常に向上心を持って仕事に臨めたことが、最終的には『全国トヨペット サービス技術コンクール』での優勝にもつながったと信じています。次の夢は金沢店のエンジニアリーダーになること。皆さんも、夢を持って頑張ってください。

学んだ知識・技術を世界の トヨタユーザーのために活かす

  • 学んだ知識・技術を世界の トヨタユーザーのために活かす
    渡辺 聡さん
    トヨタ自動車(株) 海外サービス地区担当部

    トヨタ自動車にはさまざまな部署がありますが、私は海外市場の技術問題を解決する業務をメインに担当してきました。時には現地に飛び、原因追求から問題解決までをやり通したこともあります。初めて赴任したアメリカのロサンゼルス分室では、販売店では修理が難しいクルマの修理支援を主に担当しました。トヨタ東自大で学んだ技術・知識は、海外から届くレポートや、目の前の車両を見て『なぜこの問題が起きたのか?』と追求する際、最大限に活用しています。クルマ関係の仕事に就くにあたり「クルマ好き」は大きな武器となります。私は大好きなクルマの知識や技術を活かして、世界中のお客様の困り事をひとつでも多く解決していきたいです。

エンジニア出身者が自動車業界で成功する理由

  • エンジニア出身者が自動車業界で成功する理由
    林 昭一さん
    埼玉トヨタ自動車(株)

    エンジニアを6年間経験した後、営業スタッフとして勤務しています。エンジニア時代は技術コンクールにも出場しました。エンジニア出身者の多くが営業スタッフとして成功しているのは、新人時代に工場で先輩との接し方を肌で感じ、コミュニケーションの大切さをわかっているからだと思います。また、トヨタ東自大と現場経験を通じて身につけた知識は、営業スタッフになった今でも役立っています。お客様との話題作りとしてだけでなく、お客様のちょっとしたご要望も自分で対処することができますから。高卒後、少し遠回りしてトヨタ東自大に入学した私ですが、その時のクラスの仲間や先生方と出会えたことはすばらしいタイミングだったし、トヨタ東自大の卒業生で本当に良かったと思います。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter