上田安子服飾専門学校の卒業生からメッセージ

技術力が感性を支えている

  • 村上 亮太さん
    2010年卒業

    ファッションクリエイター学科を卒業後、「writtenafterwards」を経て独立。現在、東京コレクションなどで活躍する村上亮太さん。
    「UEDAで服づくりの技術を基礎から丁寧に学べたことが大いに役立っています。むずかしい構造の服を作るときは特にそうですね」と語る村上さん。1年生の時から校内外のコンテストにも積極的に参加していました。「コンテストでは学校で学んだ技術をどう発展させられるかが勝負。全国(世界)からモチベーションの高い学生が集まるのでとても刺激的でした」。
    クリエイターになるには、やはりたくさんの人に作品を見てもらうことが大切。「歴史のあるUEDAには、真剣に取り組んでいる同級生はもちろん、実績のある先生や先輩がたくさんいます。そういった人たちからいろんな意見をもらえたのが今につながっていると思います」。今後は自分自身に縛られることなく、未来に通じるファッションを作っていきたいと考えています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter