ビジュアルアーツ専門学校大阪の先生からメッセージ

人の心を動かす、音のチカラはすごい

  • 人の心を動かす、音のチカラはすごい
    河村 章先生
    映像音響学科 番組映像音響技術
    主な仕事
    ・テレビ番組
    関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」「ピーコ&兵動のピーチケパーチケ」
    毎日放送「ちちんぷいぷい」朝日放送「ごきげん!ブランニュ」

    例えばCMなら、最初から音楽をずっと流すのか、それとも一言セリフを言った後から音楽を流すのか。
    曲や音が違うと映像作品の印象は異なりますが、たった1秒のタイミングでも異なると受ける印象は違うものになります。
    自分の選曲次第で、観る人の心を動かせる音の力は本当にすごいんです。

    ビジュアルアーツでは、体験入学の時から現場で実際に使われている機材に触れて学ぶことができます。
    技術はもちろん、映像をつくった人がどこを見せたいか、何を伝えたいのかを感じ取る力も養えます。
    現場を知っている私たちが本当に役立つ学びを教えるので、一緒におもしろい映像をつくりましょう。

ひとつひとつの仕事が真剣勝負

  • ひとつひとつの仕事が真剣勝負
    北嶋 世輝先生
    映像音響学科 コンピュータワーク
    手がけた仕事
    ・テレビ番組
    フジテレビ「めざましテレビ」
    WOWOW「NBAバスケットボール」 他多数

    おもしろい音を創る、これが僕らの仕事です。
    TV番組の音響効果に始まり、フリーランスになってアーティストの楽曲アレンジや映画作品のサウンドデザインなど様々な仕事を手がけましたが、どれも毎回生きるか死ぬかの真剣勝負です。
    これほど夢中になれる仕事はないと思います。

    映像音響学科は、その名の通り、映像も音響も学べる、よくばりな学科。
    しかも両分野のプロから教えてもらえるので、成長できる可能性が無限にあります。
    今は何となく興味があって、という人も、この学科で色んなことを経験するうちに自分の方向性が見つけられますよ。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter