行岡医学技術専門学校の先生からメッセージ

夢を実現させる原動力は、あなたのモチベーションです。

  • 人々の口の健康を支える、人々を笑顔にする仕事
    礒口 ツユ子先生
    ●教務主任

    「誰にでも可能性は無限にある」これが私の教育モットー。
    その人に熱意があれば、どんな目標も達成できると信じています。
    そのためには自ら積極的に取り組み、学びの喜びを見いだすことが必要です。
    3年間、看護を学ぶ過程でくじけそうになることもあるでしょう。
    それを乗り越えるのは、夢を実現させたいモチベーションと、より良いものを誠実に探究する努力をし続けることです。私たちはあなたを支援します。
    やる気のある人は本科で質の高い看護を学んでください。

看護実践力の基礎となる知識と技術と心。

  • 看護実践力の基礎となる知識と技術と心。
    中村 敏代先生
    ●担当科目
    基礎看護学

    私が担当する基礎看護学では、これから学ぶ看護の基礎となる共通看護技術や生活援助・診療補助の技術を学びます。
    教育の特徴は、講義と看護技術の演習を並行してすすめていくところにあります。
    演習では患者さまをイメージできるよう具体的な状況を設定した中で、技術の基本が習得できるよう工夫しています。
    さらに、看護で大切なことは知識や技術だけでなく、患者さまの気持ちを理解できる心です。
    その心を軸に、自ら考え、自ら学ぶ姿勢を育てることも必要と考えています。
    これから看護師を目指すにあたっては、まず自分の健康管理に気をつけること、そして、看護以外のことにもたくさんふれて豊かな感性を育ててください。
    人に関心をもつこと、それが看護のはじまりです。

看護師はボランティア精神を持ち、多くの人々と関わります。

  • 看護師はボランティア精神を持ち、多くの人々と関わります。
    前田 八穂先生
    ●専門分野・担当科目
    在宅看護論

    在宅看護論を担当しています。
    看護という仕事が現代社会で高く評価され、必要とされる中、看護者として誇りを持ち、他職種の方々との連携を密にすることが求められています。
    目指す目的は同じであることを皆が認識でき、共に歩めるように、心豊かに人が人を傷つけることなく、分け隔てなく思いやりを持ち、どこででも通じる看護師を育むことに、努力し、共に学んでいきたいと考えています。
    学校生活を通じてできるだけ心地よい体験を経ることで看護師として生きる意味や目的を見いだすことができるような架け橋になれればと思っています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter