アピールポイント

行岡医学技術専門学校の強み
行岡医学技術専門学校は、昭和7年の大阪接骨学校設立を皮切りに、80年超の歴史を持つ行岡保健衛生学園を母体とする専門学校です。
昭和16年開設の行岡外科病院附属関西看護婦学校から続く看護師教育は、時代の変遷に合わせ、学びの内容を変更しながらも現場で活躍するための応用力の習得を目指し、臨床実習に重きを置き続けています。
知識を得るための学習だけでなく、体験がもたらす理解を両軸とした教育方針は行岡保健衛生学園全体の方針ですが、多くの学生を迎え、送り出してきた行岡医学技術専門学校が最も体現していると言っても過言ではありません。
行岡病院の存在

行岡病院の存在
行岡医学技術専門学校は、行岡病院と隣接しています。
早い時期からの臨床実習はもちろん、ふだんから患者さまの姿を目にすることのできる環境です。
知識や技術の修得に役立つだけでなく、患者さまを見られる、逆に患者さまから見られるという環境は自然と意識を高めます。
行岡病院の歴史も学校同様長くあり、症例が多く経験豊富な医療専門家がそろっています。
そうした実務家教員の指導を受けられることも合わせ、ほかの学校さんにはない学習環境がそろっています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter