大阪行岡医療専門学校長柄校の在校生からメッセージ

文系出身の私も基礎から学べ、モチベーションが高くなりました!

  • 文系出身の私も基礎から学べ、モチベーションが高くなりました!
    上村 あかねさん
    放射線科 2年
    出身地:兵庫県

    看護師をしている母の影響で、小さい頃から医療関係の仕事に就きたいと思っていました。そして自分がレントゲン検査を受けたことや祖母がマンモグラフィーを受けたことがきっかけとなり、女性の放射線技師として活躍したいと思うようになったんです。
    進学する学校はいろいろなところを調べ、文系出身の人も基礎から勉強できる当校に魅力を感じて入学しました。
    物理などの基礎知識がないので最初は大変でしたが、先生が分かりやすく丁寧に教えてくださるので少しずつ理解できるようになってきました。
    クラスには社会人経験者が多く、みんな真剣に取り組んでいるところも当校の特長です。
    モチベーションが下がっている時に年上のクラスメートと話をすると、「見習わないと」という気持ちになります。
    卒業後は大学病院など大きな病院で働いて最先端の知識や技術を吸収した後、地域医療に貢献することが目標です。

”志”を立てるのに、「遅すぎる」ということはない!

  • ”志”を立てるのに、「遅すぎる」ということはない!
    増田 泰三さん
    臨床検査科 1年(社会人入学)
    出身地:奈良県

    私は社会人として営業の仕事をしおりましたが、子供もでき、本当にこのままで良いのかな?と、思うようになり、自分が何をしたいかを真剣に考えるようになりました。
    そんな時に、臨床検査技師という仕事を見つけ、とても社会的意義のある仕事だと思い、私でも社会に貢献できる仕事だと感じました。
    その思いの中、臨床検査技師になれる学校を探している時に、古い歴史があり数多くの先輩がいて、社会に出た時に役立つ実習も多く、さらに、少人数制だったのでこの学校だ!!と思いました。
    社会人の先輩もたくさんいてとても優しく気さくに相談に乗ってくれるし、周りの同級生は志高く、学校の先生も親身になって質問や相談に乗ってくれます。
    この学校に入って本当に良かったと思っています。
    もちろん、楽しいことばかりではありません。
    試験勉強はこの年からするには少し辛いところもあります。
    しかし、結局は自分がどれだけ覚悟を持つかです。その覚悟があればどんな苦難でも乗り越えられます。
    もし、迷っている方がおられたら是非入学をお薦めします。
    社会人入学にとって、環境でも費用でも最高の学校です!

新しいことを習得できる毎日がとても新鮮です。

  • 新しいことを習得できる毎日がとても新鮮です。
    馬場 真里菜さん
    鍼灸科 1年
    出身地:兵庫県

    小さい頃からスポーツをしていて、高校生の時にソフトボールの試合中にケガをしました。
    その時に行った指圧院の先生に出会い、機械などを使わず自分の腕だけで治療ができることに衝撃を受けました。そこから興味を持ち始め、
    「スポーツ選手を助けられるはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師になりたい!」と思うようになりました。
    あん摩マッサージ指圧師の養成学校は少なく、その中でも学校説明会に参加したとき、まだ高校生だった私に親身になって教えてくださる先生方を見て、また少人数で先生との距離も近く学びやすそうだったので行岡学園に決めました。
    毎日の授業は、イメージと違い戸惑うこともあったのが正直なところですが、今ではすべてが新鮮で、1日1日、新しいことを習得できている実感できて、楽しいことの方が大きいです。
    自分の時間もしっかりあるので毎日が充実しています。
    まだまだ未熟なので、医療人としての知識・技術を身につけ、夢が叶うように頑張りたいと思います。

整復についてしっかり学べる充実した環境が整っています。

  • 整復についてしっかり学べる充実した環境が整っています。
    石井 由香さん
    整復科 2年
    出身地:大阪府

    整復科に入学したきっかけは、高校時代に部活でバスケットボールをやる中で柔道整復師という仕事を知り、自分もスポーツなどでケガをした人のサポートをしたいと思ったことです。
    当校は国家試験の合格率と就職率が高かったのでオープンキャンパスに参加したところ、先生方がとても丁寧にアドバイスしてくださり、ここならしっかり学べると感じました。
    毎日の授業は専門分野の学習に加え、解剖学や生理学など他の分野の先生や、行岡病院の医師の先生などから学べる機会も多くあり、幅広い知識と技術を身につけられることが大きな特徴だと思います。
    分からないことがあればすぐに先生に質問でき、補習もしてくださるので、やる気があれば着実に成長できます。
    また最近、クリニックでアルバイトをはじめ、学校で教わったことを臨床の場で復習したり、現場で学んだことを学校の勉強に生かすなど、少しでもステップアップできるようにがんばっています。
    将来の目標は、知識や技術を持っているだけでなく、患者さまの目線に立ってサポートする柔道整復師になることです。そのためには人間的にも成長していかなければと思っています。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter