女子におすすめの学校って?

女子におすすめの学校って?

自分の行きたい分野は定まっているけどどんな基準で学校をえらべばいいかわからない……。
そんなときは、学費・カリキュラムとは別の視点で考えてみるのもおすすめ♪
たとえば、設備や教室がきれい・女子寮がある・かわいい制服がある……etc.うれしい特徴を持った学校や女子が少ない学科だからこそ、女子が過ごしやすい環境を整えてくれている学校もあるのです。

分野は決めたけどたくさん学校があって絞れない!
そんなときはあなたのこだわりを叶えてくれる学校を探してみましょう♪
同じような価値観を持つ友達にも出会えるかもしれません。
進学してからイメージと違った、とならないようにしっかりポイントを押さえておきましょう。

この特集では女子におすすめの学校をご紹介します☆

自分がもっている
「こだわり」を理解しよう

自分がもっている「こだわり」を理解しよう

まずは自分が持っているこだわりに耳を傾けてみましょう。
どんな環境なら健やかな学校生活を送りやすいだろうと考えてみましょう♪

服装・ファッションの自由さ?学校の男女比は?トイレの綺麗さはどうかな?
おしゃれな寮が良い!近くに買い物できるところはある?
女子が少ない分野だけど、やっていけそうかな?
などなど、実際に進学したあとのことをイメージしながら
「絶対に譲れないこだわり」と「あったら嬉しいこだわり」を考えてみましょう。学校を比較する際には該当する要素が多い学校を選んでみるとスムーズに絞り込めますよ♪

どんなポイント
チェックする?

きれいな教室・設備
きれいな教室・設備
教室のみならず、お手洗いはきれいな方が良い!なんて人も多いでしょう。また、カフェ風のホールがある学校なども。内観も学校選びの参考にしてみましょう☆辛いときも楽しいときも通う学校です。少しでも気分がアガるほうが良いですよね。
商業施設が近い
商業施設が近い
学校帰りに気軽に買い物にいける立地なら、気分転換にもなりますし、寮生活でも安心ですね。また、学びたい分野の道具が購入できたり参考になるようなお店が近くにあるかという点も見落としがちなチェックポイント!
服装の規定
服装の規定
学校によっては服装の規定が厳しいところも。ファッションにこだわりたい人は入学前に確認しておきましょう。
逆に規律を重んじたいという人も、まずは学校見学・オープンキャンパスに参加して先輩の雰囲気を確認するのも◎
男女比
男女比
男女比を事前に把握しておくと、入学後のミスマッチを防ぐのに役立ちます。また、自動車系の学校等女子が少ない分野でもその分気にかけて手厚くサポートをしてくれる学校もあります。女子が少ないから…と不安にならなくてもOKかも!
立地条件
立地条件
国家試験などがある学校は特に試験前は遅くまで校内で勉強をするなんてことも。その際、駅までが安心できそうな道か、駅からの距離…etc.立地条件が重要なポイントになります!
送迎バスがある学校もあるので安全性を考慮して通学ルートを調べてみるのもおすすめです!

女子におすすめの学校を
ご紹介!