学校法人東京製菓学校

東京製菓学校

お気に入り登録

資料請求
オープンキャンパス
クチコミを投稿する

メッセージ

  • どこよりも実習の機会が多いので高いスキルを得ることができる。

    安 碧乃さん

    安 碧乃さん

    洋菓子本科1年

    母の影響でお菓子づくりが好きで、パティシエールになって多くの人を笑顔にしたいと思っていました。オープンキャンパスに参加した時、先生の作業をしっかりと見て学んでから自分でつくるので、技術が身についていくと感じ、実習の大切さを知りました。東京製菓学校は経験豊富な先生方の指導のもと、数多くの実習を重ねることができます。先生方にはそれぞれの技術やこだわりがあり、そのすべての意味があることも実習で学びました。私も自分自身が理想とするパティシエールを目指してさらに努力を続けていきます。

    全文を見る
  • 年齢が関係ない業界だからチャレンジする価値がある。

    水戸 健太郎さん

    水戸 健太郎さん

    洋菓子専科2年

    就活前の大学時代に、自分のやりたいことをするのが、いちばん充実すると感じて東京製菓学校へ入学しました。昼間、働きながら通えることが魅力で、クラスも年齢が幅広く、学校らしくないところがイイですね。製菓は年齢の関係ない業界だと思うので、まずは基本をしっかり身につけられることが目標です。昼間のアルバイト先はパティスリー。その現場を見ながらお金をもらって働くことで、自分のやるべきことがハッキリわかって、それを踏まえて授業を受けられる環境が、目標のなかった自分には良かったと思います。

    全文を見る
  • オープンキャンパスに参加して和菓子の奥深さを知った。

    前田 果林さん

    前田 果林さん

    和菓子本科1年

    幼い頃からお菓子が大好きで、将来はお菓子をつくる仕事に就きたいと思っていました。高校生の頃まで漠然と洋菓子をイメージしていたのですが、オープンキャンパスに参加した際に和菓子の奥深さを感じ、和菓子についてもっと知りたい、学びたいと思うようになりました。これまでで印象的だったのは製餡の授業。和菓子の基礎といえる「餡」がつくられる工程や必要な技術など大切なことを学びました。多くの知識を吸収し、たくさんの経験を積んで、和菓子のおいしさや美しさを伝えられるようになりたいと思います。

    全文を見る
  • 海外の人たちにも和菓子の魅力を伝えたい。

    小笠原 やよいさん

    小笠原 やよいさん

    和菓子専科2年

    アメリカで生まれ育った私が、和菓子を学びたいと思ったのは、母がちゃんと日本文化を教えてくれたから。今は仕事をしているので夜に和菓子を専門的に学べる東京製菓学校を選びました。実習が多く、同じ作業を何度もくり返すので基礎をしっかり学べて、先生方も細かく見てくださるので、技術も理論もわかりやすく学べます。大学で彫刻を学び、念願だった日本生活を実現し、和菓子を習い始められたこと、すべてが必然であったと思います。目標は、和菓子の魅力を海外に広め、日本の文化を伝えるかけ橋になりたいです。

    全文を見る
  • 先生方の現場での様々な話が将来を考えるために役立つ!

    大島 将栄さん

    大島 将栄さん

    パン本科1年

    高校生の時にパンに興味を持ち、色々なパン屋を巡っているうちに自分もパン職人になりたいと思うようになりました。授業では定番のパンだけでなく、お店でも見る機会のないような世界各国のパンもつくるので、国ごとの特徴なども知ることができました。実習中は先生の手の動きを良く見て真似をすることを心がけています。同じ動きを意識しても、なかなか思い通りにはなりませんが、綺麗につくれた時はすごく嬉しいですね。パンづくりは生きている酵母を扱うので難しいですが、その分奥深く魅力的な仕事だと思います。

    全文を見る
  • 授業のほとんどが実習。石窯にもひと目惚れしました。

    中西 みちるさん

    中西 みちるさん

    パン専科1年

    大好きなこと、一生楽しめることを仕事にしたいと思って、製パン業界への道を選びました。とにかくたくさんのパンをつくりたいと思っていたので、圧倒的な実習量の多さが入学の決め手でした。クラスは世代も人生経験も様々ですが、アットホームな雰囲気で、学校に行くのが楽しいです。仲間の「もっと上手くなりたい!」という姿勢を見ると私も頑張ろうと刺激を受けます。パンの魅力は日常食であること。毎日を少しハッピーにしてくれる存在です。そんなパンづくりを仕事にするために、勇気を持って一歩踏み出せてよかったと思っています。

    全文を見る