思いやりのある人材として ひとに、社会に寄りそえるように。

思いやりのある人材として ひとに、社会に寄りそえるように。

貞静学園の教育
<3つの特徴>

1.心の教育
教育の基本は人間教育であることを踏まえ、保育のプロフェッショナルになるための倫理観を養い、自己啓発に励んでいきます。乳幼児・弱者に対する気配りや相手の立場に立ったものの見方・考え方を養い、職場でコミュニケーションを築けるよう、心の教育を実践します。

2.保育と家庭の連携
21世紀の日本を担う子どもの豊かな成長を家庭と保育現場から捉え、乳幼児期の教育が人の生涯を左右するほど重要であることを認識し、子育て支援を推進します。子どもたちが豊かな感性を持ち、善悪良否の判断ができるよう、 育ちへの関わり方を学びます。

3.高齢化社会のニーズに対応
日本は、2025年には総人口の4分の1が65歳を超える超高齢社会となります。保育学科で培った専門教育を基盤とし、幅広い視野と倫理観を持って日本の社会福祉政策に貢献できる、柔軟性のある介護福祉士養成をめざします。