学部・学科情報詳細

保健医療学部 診療放射線学科
  • 【学びの特色と実習内容】
    本学科では放射線に関する基礎から高度な知識・技術に至るまでを自然な流れの中で修得していけるように配慮した講義・実習が行われています。1年次から行われている基礎教育科目においては、医療人として必要な協調性・学修意欲・問題解決能力を養い、障害者や高齢者の心理や福祉を学ぶ科目も開設しています。また、病院内の検査を模擬した学内実習、高学年で行う実際の病院での臨床実習を通して、高度な医療技術に触れつつ、医療人としての奉仕の心と接遇やコミュニケーション能力を養います。

    ◆実習内容
    学内の実習施設において講義で学修した内容を実技により技術として修得します。

    <画像検査技術学>
    医療機関臨床現場において、人体各部の単純撮影(胸部、腹部、骨など)、造影撮影(血管、消化管など)、手術室でのエックス線撮影、CT検査、MRI検査、超音波検査、マンモグラフィ検査などの撮影に必要な知識・技術・患者接遇・医療人としてのマナーを修得します。

    <核医学検査技術学>
    医療機関臨床現場において、核医学に関する最新の検査原理(SPECT,PETなど)や画像の構成、放射性医薬品の取扱い、放射性廃棄物処理などを修得します。特に、放射性医薬品を用いた検査のため、患者様へのコミュニケーションを通じた細かい配慮も実習の大切な要素となります。

    <放射線治療技術学>
    最先端の医療機関における臨床現場で、放射線治療技術学概論、放射線腫瘍学、放射線治療技術学などの講義で得た基礎知識・技術を基に病院で臨床実習を行い、放射線治療に必要な知識・技術(リニアックなどの加速器操作法を含む照射技術)、患者接遇法、技師としての基本的マナーなどを修得します。

    ◆取得可能資格
    ・診療放射線技師(国家試験受験資格)
    ・エックス線作業主任免許※
    ・ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許※
    ※診療放射線技師免許取得後、申請により取得可能

募集定員

90名

修業年限

4年

初年度納付金

1,856,000円

他の学部・学科
  • 保健医療学部 リハビリテーション学科(理学療法学専攻)

    スポーツの分野にも活躍の場が広がっている理学療法士。多様化するニーズに応えられるよう、責任感と行動力を持ちチーム医療の一員として、専門性を発揮できる理学療法士の育成を目指します。

    保健医療学部 リハビリテーション学科(作業療法学専攻)

    バリアフリー社会の実現に向けて、注目を集める作業療法士。最新の設備がそろう充実した教育環境の中で、身体と心へアプローチできる作業療法士の育成を目指します。

    保健医療学部 看護学科

    活躍のフィールドが広がっている看護師。チーム医療の要的存在として、幅広い教養を身につけ、多くの実践を通して、地域の医療、保健分野で貢献できる看護職の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床工学科

    医療機器の高度化・複雑化が進むなかで期待が高まっている臨床工学技士。専門知識とコミュニケーション力を磨き、先端医療をリードする臨床工学技士の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床検査学科(2021年4月開設)

    臨床検査学科では、最新のチーム医療現場を見据えた学科間連携を行い、「最新の高度な機器の活用」を駆使してあらゆる生体検体分析を行うとともに「的確な画像検査」ができる臨床検査技師の育成を目指します。