学部・学科情報詳細

保健医療学部 リハビリテーション学科(理学療法学専攻)
  • 【学びの特色と実習内容】
    マナーを備え持つ未来の医療人としての教養や問題解決能力を「専門基礎科目」で養います。「専門科目」では、理学療法学の知識と共に、充実した実習により確かな技術を修得していきます。
    また、超高齢社会が急激に進行するなか、在宅介護やグループホームなどで必要性の増す地域理学療法や、医療現場において重要なチーム医療など、未来を見据えた理学療法学を学ぶことができます。
    さらに、治療技術に留まらず、患者様の心理を理解できるよう、臨床心理学から福祉行政まで必要な知識を身につけます。一線で活躍する専門家による演習もあり、最新の理学療法に触れる機会も整っています。

    ◆実習内容
    学外の協力病院や施設等において、それぞれ目的を持った臨床実習を行います。

    <理学療法評価学臨床実習I>
    学内で修得した検査、測定方法について実際の臨床の場で体験して、学内授業をいかに臨床の場で応用するかについて具体的に体験を通して学修することを目的とし、病院・施設で実習を行います。

    <理学療法評価学臨床実習II>
    病院や施設で、基本的な理学療法について臨床実習指導者のもと、対象者に対する一連の評価を実施します。
    治療計画を立案し、理学療法の技術・能力を身につけます。

    <理学療法治療学臨床実習>
    理学療法の技術・能力の向上を図ります。実習内容は、臨床実習指導者のもと、対象者に対する評価から治療までの実習を行い、治療効果の検討などをさらに深く学びます。

    ◆取得可能資格
    ・理学療法士(国家試験受験資格)

募集定員

80名

修業年限

4年

初年度納付金

1,856,000円

他の学部・学科
  • 保健医療学部 診療放射線学科

    現代医療に不可欠な放射線診療の担い手として、医学の進歩に対応した最先端の専門知識と確かな技術力を持ち、メンタル面でもサポートできる診療放射線技師の育成を目指します。

    保健医療学部 リハビリテーション学科(作業療法学専攻)

    バリアフリー社会の実現に向けて、注目を集める作業療法士。最新の設備がそろう充実した教育環境の中で、身体と心へアプローチできる作業療法士の育成を目指します。

    保健医療学部 看護学科

    活躍のフィールドが広がっている看護師。チーム医療の要的存在として、幅広い教養を身につけ、多くの実践を通して、地域の医療、保健分野で貢献できる看護職の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床工学科

    医療機器の高度化・複雑化が進むなかで期待が高まっている臨床工学技士。専門知識とコミュニケーション力を磨き、先端医療をリードする臨床工学技士の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床検査学科(2021年4月開設)

    臨床検査学科では、最新のチーム医療現場を見据えた学科間連携を行い、「最新の高度な機器の活用」を駆使してあらゆる生体検体分析を行うとともに「的確な画像検査」ができる臨床検査技師の育成を目指します。