学部・学科情報詳細

保健医療学部 看護学科
  • 【学びの特色と実習内容】
    看護専門職に必要な知識・技術はもちろん、人間性や倫理観を高め、医療・保健分野で貢献できる人材を育成します。特に、看護の学びの基盤として、人文・自然・社会科学など幅広い教養を身につけられることは大学での看護教育のメリットです。

    ◆実習内容
    入院している患者の基本的欲求に基づく日常生活行動を観察し、自力でできない生活行動の援助をとおして看護ケアの意味を考えます。また、その一連の過程を通して看護の役割と看護職に求められる知識・技術・態度などについて理解します。

    <基礎看護学実習II>
    入院している患者の看護上の問題を把握し、個別的で科学的な援助の計画を立案し、指導者の指導のもとで日常生活援助を実践し、評価・修正するという看護のプロセスを学修します。

    <母性看護学実習>
    周産期にある母親と新生児を中心に、子供を産み育てる女性の健康と女性を支える家族や社会について理解します。

    <小児看護学実習>
    こどもにとっての健康(健康や疾病・障害にかかわらず)を支えるために必要な知識・技術・態度を理解するとともに、小児看護に必要な基礎的知識を学修します。

    <成人看護学実習I・II>
    成人期のさまざまな健康レベルにある対象の個別性をふまえ、最適健康状態を生み出す看護実践に必要な知識・技術・態度を修得します。

    <高齢者看護学実習I・II>
    「高齢者看護学実習I」は、地域で生活する高齢者・要支援者を対象とした看護について学び、「高齢者看護学実習II」では、健康障害のある高齢者に対する看護について学修します。

    <精神看護学実習>
    対象である精神障がい者とその家族を環境・身体・心理・社会的側面から理解し、対象の目標に向けた個別的な看護を実践します。

    <在宅看護学実習>
    在宅療養者と家族に対し、その人らしく生活するために必要な援助と在宅ケアチームにおける訪問看護師の役割を学びます。

    <地域看護学実習I・II(保健師課程履修者のみ)>
    保健所や保健センターにおける保健活動を通して、地域で暮らす人々の健康に関わる地域保健活動、地域看護活動の展開方法と保健師の役割を学びます。

    <統合実習>
    既修の知識・技術を統合し、看護チームの1員として看護を統合的、継続的に実践できる能力を養います。

募集定員

80名

修業年限

4年

初年度納付金

1,856,000円

他の学部・学科
  • 保健医療学部 診療放射線学科

    現代医療に不可欠な放射線診療の担い手として、医学の進歩に対応した最先端の専門知識と確かな技術力を持ち、メンタル面でもサポートできる診療放射線技師の育成を目指します。

    保健医療学部 リハビリテーション学科(理学療法学専攻)

    スポーツの分野にも活躍の場が広がっている理学療法士。多様化するニーズに応えられるよう、責任感と行動力を持ちチーム医療の一員として、専門性を発揮できる理学療法士の育成を目指します。

    保健医療学部 リハビリテーション学科(作業療法学専攻)

    バリアフリー社会の実現に向けて、注目を集める作業療法士。最新の設備がそろう充実した教育環境の中で、身体と心へアプローチできる作業療法士の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床工学科

    医療機器の高度化・複雑化が進むなかで期待が高まっている臨床工学技士。専門知識とコミュニケーション力を磨き、先端医療をリードする臨床工学技士の育成を目指します。

    保健医療学部 臨床検査学科(2021年4月開設)

    臨床検査学科では、最新のチーム医療現場を見据えた学科間連携を行い、「最新の高度な機器の活用」を駆使してあらゆる生体検体分析を行うとともに「的確な画像検査」ができる臨床検査技師の育成を目指します。