学部・学科情報詳細

動物看護学科
  • 教科書の著者でもある専任の獣医師が直接指導。臨床検査や模擬手術といった専門的かつ実践的な実習を重ねていきます。動物看護師に必要な幅広い分野を体系的に学べるカリキュラムを用意し、動物医療の現場で即戦力として活躍できる技術と知識、そして愛情を身につけていくのが特徴です。

    ◆学びのポイント
    ①動物看護教育の第一人者による実践的な授業
    ②JKC公認資格などが学習過程で取得可能
    ③2年次には一定期間動物病院で現場研修

    ◆取得可能資格
    【JKC公認資格】
    アニマル衛生看護士、トリマーB級(特別コースにて取得可能)、トリマーC級

    【日本愛玩動物協会公認資格】
    愛玩動物飼養管理士I級、愛玩動物飼養管理士II級

    ◆授業紹介
    【微生物学実習】
    <さまざまな動物病院で活躍できるように、微生物学の基礎をしっかりと身につけます。>
    動物看護に必要な微生物学的知識について基本的な事柄を講義で勉強した後に、真菌及び細菌の検査方法、薬剤感受性試験などについて実習します。このような各種検査は、動物看護師が実際に行うことが多い業務です。染色方法ひとつとっても複数のやり方があり、実習では卒業後にさまざまな動物病院で活躍できるようにあらゆる染色方法を体験。幅広い知識や技術を習得することで、活躍の場を広げられる順応性を養っていきます。

    【動物放射線学実習】
    <いかなる動物病院でも対応できるX線検査の知識と技術を身につけます。>
    X線検査の基礎知識を講義で学習した後に、学内の施設を使い、X線写真の撮影、現像及び保存方法などについて実習します。実際の犬を使って、レントゲン時の保定の仕方、撮影のタイミングなどを学ぶのが本実習の目的です。また、近年はレントゲンのデジタル化も進んでいますが、基礎を大切にする本校の実習では、従来のフィルム式のレントゲン撮影と現像を学び、いかなる動物病院でも対応できる確かな技術と知識を身につけます。

卒業後の主な進路

・ドッグトレーナー ・ペットショップスタッフ ・動物看護師

修業年限

2年制

他の学部・学科
  • 愛犬美容学科

    犬の美容に関するすべてを学び 犬種の特徴やそれぞれの性格に合った 美しさを表現する知識と技術を身につける