警察官・消防官といった、社会を守る公務員の即戦力を育てます。
公務員試験に合格するための勉強はもちろん、社会を守るために必要な知識である「防災」や「危機管理」を並行して学びます。
何が起こるかわからない現代社会を守る上での資質を身に付け、国民から頼りにされるスペシャリストを目指していきます。

日本危機管理専門学校

警察官・消防官といった、社会を守る公務員の即戦力を育てます。
公務員試験に合格するための勉強はもちろん、社会を守るために必要な知識である「防災」や「危機管理」を並行して学びます。
何が起こるかわからない現代社会を守る上での資質を身に付け、国民から頼りにされるスペシャリストを目指していきます。

①徹底した少人数担任制
本校では、少人数制をとっており、公務員試験対策においても生徒一人ひとりに合わせたきめの細かい授業を行います。
②公務員対策+α
多くの公務員の専門学校と異なる最大の点は、公務員試験対策と並行して、社会を守るために必要な「危機管理」を学ぶことです。
③即戦力を目指すカリキュラム
危機管理の授業に加え、自動車の運転免許を取得できる実習も行います。
単に公務員試験合格を目指すだけではなく、現場での即戦力を目指す本校独自のカリキュラムを取り入れています。
④メリハリをつけた時間割
一日中公務員試験対策を行うわけではなく、他の授業や実習があるので、メリハリをつけた学習ができます。

また、学校法人盈科学園は、日本大学国際関係学部と連携教育を行っている県内唯一の学校です!
本校を卒業後、国際関係学部の3年次に編入ができ、語学や外国の文化、国際情勢などを学ぶことで、近年のグローバル化に対応できる公務員を目指すことが可能です。