学費や奨学金/寮

東京医療福祉専門学校の学費
☆★専門実践教育訓練給付金が使える!★☆
◆専門実践教育職業訓練給付金とは?
・・・・労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座(学科)を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設(学校など)に支払った経費(授業料など)の一部を雇用保険から支給してくれる制度です。

この制度を利用できる方は、以下の条件が必要となります。
(1)雇用保険加入期間2年以上
(2)在職中、または離職後1年以内
(3)訓練開始の1か月前までに、ハローワークでキャリアコンサルティングを受け、訓練の『受講資格』を取得
(4)厚生労働大臣が指定する訓練給付対象講座を受講する場合
※給付対象者の方のうち、受講開始時に45歳未満で離職しているなど一定の条件を満たす場合は、更に「教育訓練支援給付金」が支給される可能性があります。詳しくはハローワークにお尋ね下さい。


【学費】
◆はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科
初年度合計金額 1,900,000円
2年次学費等合計金額 1,600,000円
3年次学費等合計金額 1,600,000円
合計:3年間 5,100,000円

◆はり・きゅう科
初年度合計金額 1,400,000円
2年次学費等合計金額 1,100,000円
3年次学費等合計金額 1,100,000円
合計:3年間 3,600,000円

◆柔道整復科
初年度合計金額 1,400,000円
2年次学費等合計金額 1,100,000円
3年次学費等合計金額 1,100,000円
合計:3年間 3,600,000円

◆鍼灸マッサージ教員養成科
初年度合計金額 1,500,000円
2年次学費等合計金額 1,200,000円
合計:2年間 2,700,000円

※2年次及び3年次の学費等合計金額の前期納入額には、施設管理費100,000円を含みます。

【その他の費用】
◆白衣・教科書・教材(3年間合計金額)
・はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科
  約200,000円
・はり・きゅう科
  約200,000円
・柔道整復科
  約250,000円
・ダブルスクール
  約410,000円
◆常陽会費(入学時のみ)
・全科共通
  30,000円
東京医療福祉専門学校の奨学金
(1)本校独自の学費等減免・奨学金制度
1・入学金の免除・減免
①本学園卒業生(精神保健福祉学科を除く)の入学金免除制度
本学園の卒業生が本校に入学を希望した場合、入学金を全額免除します。
②指定校推薦入試の入学金減免制度
指定校推薦入試を経て、入学する方には、入学金の減免制度があります。
③企業推薦者の入学金減免制度
出願時に治療院などによる企業推薦を経て、はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科、柔道整復科に入学する方は、入学金を10万円減免します。ただし受験後の追加推薦は認めません。

2・各種奨学金・学費減免制度
①特待生奨学金制度(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科、柔道整復科)
1・2年次の成績・出席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、進級時に10万円を減免します。
②特待生奨学金制度(教員養成科)
1年次の成績・出席状況がともに他の学生の模範となる優秀者と認められた方は、2年次の学費を前期・後期各期に30万円を減免します。ただし本学園卒業者は適用となりません。
③ダブルスクール奨学金制度
はり・きゅう科、柔道整復科に同時に在籍している期間中の前期・後期各期に10万円を支給します。
④教員養成科現役進学奨学金制度
本校のはり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科、はり・きゅう科を卒業後、すぐに教員養成科に進学する方は、1・2年次の前期・後期各期に10万円を支給します。
⑤医療系国家資格保有者の奨学金制度(教員養成科以外)
入学時に本校の指定する医療系国家資格を保有している方は、毎年10万円の奨学金を支給します。

※その他は学校パンフレットをご確認ください。

【公的な2つの奨学金制度】
日本学生支援機構
東京都育英資金

【4つの教育ローン】
オリエントコーポレーション
セディナ
日本政策金融公庫
みずほ銀行

【その他の支援制度】
専門実践職業訓練給付金制度
教育資金贈与非課税制度
他の人はこんな学校も見ています