メッセージ

  • 「食の世界への夢」を持つ皆さんへ

    辻 芳樹校長

    辻 芳樹校長

    今、皆さんの心の中にはそれぞれ食の世界に対する思いや、将来の夢があるでしょう。
    自分が思い描く将来の夢を実現できるのか、そして、好きなことを仕事にするにはどうしたら一番いいのか。
    私も、皆さんと同じ年齢のとき、そんなことを考えていました。

    好きなことを仕事にすることや、将来の「夢」は、あるとき突然、誰かがプレゼントしてくれるものではありません。
    世界で活躍するすごいスポーツ選手でも、アーティスト、ミュージシャンでも、いきなり「夢」をかなえたわけではないでしょう。
    そして、世界で、日本各地で活躍している有名な料理人、パティシエも、初めからただ「才能」を持っていたわけじゃないはずです。

    まずは、皆さんときっと同じ、夢を持つことから始まったのではないでしょうか。
    みんな、努力をして、自分で自分の夢を取りに行ったんです。
    夢への階段を自分の足で、自分の意思で登って行ったんです。

    この場所からあなたの「食の世界への夢の階段」は始まっています。
    料理、製菓・製パンの世界へつながる学校として、
    辻調グループは、その入り口でありたいと考えています。

    私たちの学校では、どうすれば確かな技術を身につけて業界で活躍できる人材を送り出せるのか・・
    学校設立以来、50年以上もの間、ただひたすらにその思いで学校を続けてきました。
    その思いを実現するのに、一番重要なのは、「教育力」つまり、先生の教える力。
    そして、なによりも学生の「学びたい」という姿勢です。
    「教えることで学び続ける」、この思いを我が校の「建学の精神」としてすべての校舎のエントランスに掲げています。
    教職員の我々こそが常に学び続け、技術を磨き続けなければならない。
    なぜなら、教えることにも、料理にも、究極がないからです。

    ぜひ、我が校の「自由な校風」の中で、どこまでも探求し続け、学び続けてほしい。
    自分の世界観をもった料理人・パティシエになってほしい。
    社会人として責任ある人こそが、あらゆる人々に、人生を豊かにする食の素晴らしさを伝えていくことが出来ると、僕は信じています。

    皆さんと学校で、直接、会える日を楽しみにしています。
    みんなの夢が必ず叶うよう、心から応援しています。

    全文を見る
  • 生産者と一緒に、福島の食材を世界一に。 料理人は、社会を変えられる。

    萩春朋さん

    萩春朋さん

    「フランス料理店「HAGI」(福島・いわき) オーナーシェフ 
    萩 春朋さん Harutomo Hagi
    エコール 辻 東京
    辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ 1996年卒
    辻調グループ フランス校 1996年卒
    茨城・水戸葵陵高校卒

    23歳で地元いわきにフレンチレストラン「ベルクール」を開店。震災後さまざまな出会いを経て、地元食材を使い1日1組をおもてなしする「Hagi フランス料理店」として新たなスタートを切る。福島県の食材・食文化普及への取り組みが評価され、農林水産省「料理マスターズ2014」を受賞。「いわき夢ワインを育てる会」会長を務めるなど、地域や生産者と密接につながりながら福島の食の魅力を発信している。

    私の店は福島県いわき市にあります。東日本大震災では一瞬にしてすべてが「蒸発」しました。食材は出荷停止になり、料理をつくることもできなくなった。ボランティアに参加し生産者の方々と話をするうちに、命について考えるようになり、食材が持つエネルギーに気がついたのです。

    生産者さんは広い畑の中で、どの野菜が一番おいしいかを知っています。「このネギは今朝いわきで採れたものです」と紹介するとお客さまも喜んでくださる。生産者しか持っていない採れた食材のエネルギーを分けてもらえば、東京にもどこにもないレストランになるのではないか。そう考えるようになり、その日の一番いい食材で1組のお客さまをおもてなしする今のスタイルにたどりつきました。

    辻調時代に私が学んだのは「生きる術」のすべてです。フランス校ではさまざまなシェフの料理や食材にふれ、料理にはいろいろなやり方があることを知り、今も脳に刻まれています。また、辻調出身でなければ今のようなネットワークは築けなかったと思います。福島でいい食材があれば東京の仲間に送りますし、彼らから技術を学ぶことも少なくありません。仲間や先生方が世界で活躍している、それだけで自信につながります。

    いわき市では、料理人や生産者、行政が一体となり、福島の「食」を盛り上げるさまざまな活動を行っています。料理人は世界を変えられると信じて、これからもできることを探っていきたいですね。

    全文を見る