口コミ募集中

お気に入り登録

学校法人名古屋安達学園

名古屋ビジュアルアーツ

メッセージ

  • 写真を目指すことは、世界に一歩近づくことである。

    森山 大道特別顧問

    森山 大道特別顧問

    写真家

    ◆写真を目指すことは、自分に三歩近づき、現代に二歩近づき、世界に一歩近づくことである。
    '64年に、写真家として独立以降、既存概念にとらわれない斬新な作品を次々に発表。'67年に第11回日本写真批評家協会新人賞受賞。全米で2年間に渡る大規模な巡回個展のほか、フランス•ドイツ•イタリア•イギリスなどヨーロッパ各国でも個展を開催し、世界的な評価を得る。

    全文を見る
  • 自分らしさに磨きをかけてください。

    飯沢 耕太郎特別顧問

    飯沢 耕太郎特別顧問

    写真評論家

    ◆決め手になるのは、結局は“人間力”。自分らしさに磨きをかけてください。
    日本大学芸術部卒業•筑波大学大学院芸術研究科博士課程修了。季刊写真誌「デジャ=ヴュ」を、編集長として刊行。'96年にサントリー学芸賞を受賞。フリーの写真批評家として活躍。著書に『写真美術館へようこそ』『荒木本!』『写真を愉しむ』『戦後写真史ノート』『きのこ文学大全』など多数。

    全文を見る
  • 撮りたい作品に妥協しない。だからこそ、道が拓けます。

    河瀬 直美特別顧問

    河瀬 直美特別顧問

    映画監督

    ◆撮りたい作品に妥協しない。だからこそ、道が拓けます。
    '89年大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校•大阪)卒業。劇場映画デビュー作『萌の朱雀』が、カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞。'07年に『殯の森』でカンヌ国際映画祭グランプリ受賞。
    '09年にはカンヌ国際映画祭に貢献した映画監督に贈られる『黄金の馬車賞』をアジア人女性として初受賞する。'13年ではコンペティション部門において審査員を務めた。

    全文を見る
  • 世界のSUPER STARたちを撮り続ける!

    レスリー・キー特別顧問

    レスリー・キー特別顧問

    写真家

    ◆広告・ファッション誌を中心に 世界のSUPER STARたちを撮り続ける!
    '71年生まれ。シンガポール出身。ファッション誌、広告などを中心に日本・ニューヨーク・アジアで活躍。'06年、スマトラ沖地震の津波被害者へのチャリティを目的として、アジアの有名人300人を撮り下ろした写真集『Super Stars』を発表。'11年には東日本大震災へのチャリティを目的とした写真集「LOVE & HOPE」でAPAアワード2012 広告作品部門「経済産業大臣賞」を受賞。

    全文を見る
  • ミュージシャン&モデルとしても活躍!

    himiさん

    himiさん

    ◆ミュージシャン学科
    シンガーソングライターとしてCMに楽曲を提供する他、雑誌のファッションモデルとしても活躍中!

    NVAのおかげでカラオケ「JOYJOY」のイメージソングを歌ったり、ファッションモデルとして頑張っています。みなさんも一緒に頑張りましょう!

    全文を見る
  • ミュージシャン&モデルとしても活躍!

    棚原 勇さん

    棚原 勇さん

    音響学科/PAミキサーコース【’10年卒業】
    名古屋市立山田高等学校出身

    現在は、PAとしてライブやダンス、披露宴など、さまざまなイベントに携わっていますが、楽しさと同時にまだまだと感じます。
    正解がない世界ですから、自分がする瞬時の判断が大切になってくる。
    そこが難しいところなんですが、うまくいってイベントがいいものになって、周りの人たちに認めていただけたときはうれしいです。
    NVAのイベントには、とにかく自分から積極的に参加。
    多くの人と一つのものをつくり上げる難しさを体験することができたし、それを一緒にがんばって乗り越えた仲間との絆は強くなりました。
    その仲間とは同じ業界で仕事をしているので、今でも連絡を取り合って、励みにしています。
    アルバイトでは、技術というよりも、社会人としての礼儀を教わりましたね。
    この業界を目指すみなさんには、さまざまな経験を通して、引き出しを増やすことをおすすめします。
    就職活動のとき、授業を真面目に受けていましたというだけではなく、経験を積んでアピールできることがいろいろあったほうが断然有利ですから。
    もちろん、社会人になってからも、その引き出しはきっと役に立ってくると思います。

    全文を見る
  • 劇団すごろくの劇団員として舞台やラジオドラマなどに出演!

    遠藤 優香理さん

    遠藤 優香理さん

    パフォーミングアーツ(旧・放送・映画)学科/声優専攻【’05年卒業】
    岐阜県立東濃実業高等学校出身

    現在は、劇団で年2回の舞台出演、所属している劇団以外の客演を中心に活動しています。ラジオドラマやゲームソフトの仕事に携わることもありますね。仕事では、お客さんの笑顔や「楽しかった」という言葉が一番励みになります。NVAでは、発声や滑舌といった基本的なテクニックとともに、どんどんチャレンジする大切さを学びました。飛び込んでいけば、先生方はちゃんと受け止めてくれました。この業界で仕事をすることを考えている方は、なりたいものになるための努力をどんどんやっていくといいと思います。その一歩手前で迷っているなら、体験入学に参加して相談すればきちんと答えてくれます。私自身も体験入学でお話できて勇気をもらいましたから。自分の夢に向かってがんばってください。

    全文を見る
  • 強い意志を持ってやり抜こう!

    三宅 祐輔さん

    三宅 祐輔さん

    映像学科/映画専攻映画芸術コース【’02年卒業】
    愛知県立日進高等学校出身

    映像制作プロダクションでCMやVPをメインに制作しています。自分がつくった作品のオンエアーを観ると、やっぱり気持ちいいですね。ただ、そのプロセスは大変。地道な作業が多いので、強い意志を持ってやり抜くことが大切です。NVAでの学生生活は、卒業後の目標を持って行動すれば、充実したものになると思いますよ。

    全文を見る
  • はじめることで、自ずと道が見えてくる!

    西山 浩平さん

    西山 浩平さん

    夜間部 写真学科【’10年卒業】
    愛知県立犬山南高等学校出身

    NVAの魅力は、やはり先生。一人ひとりと向かい合って、優しく教えてくださったことが何より印象に残っています。さらに、業界の厳しさを聞けたことがよかったです。おかげで、ある程度の覚悟を持って就職活動に臨めました。面接では、相手の目を見て、はっきりした口調で自分がどれだけこの会社に入社したいかをまとめて伝えようと意識しました。NVAで設備や機材など充実した環境で学べたおかげで、就職後、現場でとまどうことなく仕事ができました。現在の仕事は広告写真撮影。アシスタントとして携わることが多いです。もっと現場にたくさん入って、技術を覚えて、ポートフォリオをつくっていくことが目標。興味がある方はまずはじめてみてください。自ずと進みたい道が見えてくると思います。

    全文を見る
他の人はこんな学校も見ています