名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

名古屋ビジュアルアーツは、「専門士」指定校として学校教育法に定める専修学校基準に基づき認定された専門学校です。
「専門士」とは、各都道府県認可の専門学校で、修業年数や授業時間数、課程修了認定において、
文部科学省による規定を満たしている専門学校を卒業した方に与えられる称号です。
本校昼間部卒業者及び卒業見込み者は、国家公務員採用Ⅱ種の受験資格を有し、採用時には短期大学2年課程卒業と同等に取り扱われます。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

東海地区のエンターテインメント系専門学校ではNVAが唯一の認定校です。
詳しくは、文部科学省「職業実践専門課程」ページをご覧ください。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

★業界の頂点を知ることのできる「AOプレスクール」が受けられる!
★学費サポート制度の利用で、最大45万円(前期授業料全額)免除のチャンス!
★2万円の選考料全額免除!
「AOプレスクール」とは、AO生限定で開催される8月~入学までの特別授業。
基礎から学ぶのではなく、業界の頂点を最初から知る学びで、入学後の目標設定を高く保つことができます。
AO入学生のほとんどがこの教育システムを利用して高水準の業界デビューを果たしています。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

オープンキャンパスに参加すると面接試験が免除に!
合格決定しやすくなる!
高校3年生の方はオープンキャンパス参加でAO入学の面接試験が免除となるエントリーシートが付与されます。

学校イベントでは、カリキュラムや将来について、また、学費や学校の機材・設備等を詳しく知ることができます。
オープンキャンパスでは在校生に直接質問する事も可能。
月に一度、遠方からの無料送迎バスの運行も行っております。まずはNVAの各種学校イベントにご参加下さい。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

NVAでは全国に広がる18姉妹校のネットワークを活かして、大規模な就職・デビューイベントを独自で開催しています。
1年次に開催される業界EXPOには、エンターテインメント業界はもちろん、各業界から有力企業が多数来校。
また東京を中心に有名プロダクションやレコード会社の関係者が審査員として参加するSUPER AUDITIONでは、
毎年メジャーデビューを果たしています。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

NVAの再進学者の割合は20代前半から30代前半の方がほとんどです。
また、授業はチーム制の実践重視の授業がほとんどなので、
年齢のギャップを感じることなくすぐにクラスに溶け込めるはず!様々な夢をもつ、
様々な年代の仲間達とともに学び、夢を目指せる。それがNVAと言う場所の魅力なのです。

名古屋ビジュアルアーツ 関係者へ

Q.NVA入学でかかる全ての費用を教えて下さい
A.入学金・学費や教材費等全ての合算で下記になります。
昼間部 2年総計約270万円(AO入学ならさらに最大45万円学費減免の補助制度有)
※上記以外にかかる学校イベント費用はございません。

卒業までの学費をひも解くと、入学費用にはじまり、授業料や通学費、教科書代など多岐に渡ります。
専門学校の学費は、大学・短大に比べ低額であることが分かるうえ、本校の学費は一番の低額となっています。
またエンタメ分野の専門教育を受ける場合、大学なら音楽大学や芸術大学への進学となりますが学費はとても高額です。
経済的負担が少なく、専門知識と技術を効率よく学べる本校は、費用においてメリットが高いと言えます。