専門学校と大学の違い

~ゲーム分野編~

進路を考える上でまず大学へ行こうかそれとも専門学校へ行こうか悩む人も多いと思います。特に大学でも専門学校でも国家資格の取得が可能な場合やクリエイティブ・IT系などの技術職に将来就きたいと考えている人には大学へ行くべきか専門学校へ行くべきが悩みどころですよね!?そんなモヤッとをスッキリ解決!ゲーム分野の専門学校と大学の違いを解説します!

ゲーム業界を目指す

ゲーム業界といえば、今最も熱い業界と言っても間違いありません。
ネット環境の発達もあり、今や全世界と繋がることも容易になったため、国内外でゲームによる交流は盛んになっています。
日本のゲームは世界に誇れるほどの文化となっており、様々なキャラクターが海外でも人気なのはもはや言うまでもありません。
老若男女でゲームを好きな層がいて、技術の発達に伴いどんどん新しいゲームが開発されています。

またスマートフォンの普及もかなり影響が大きく、いつでもどこでもゲームが出来る環境がますます増えています。
スマホアプリ業界は今や家庭用ゲームに負けず劣らずの勢いで市場を広げている状態です。
最近ではYoutuberの一部としてゲームの配信をしてお金を稼ぐ人、またプロゲーマーというゲームの大会で賞金を稼ぐという仕事まで生まれています。昔とは違い、新たな時代の幕開けと言っていいかもしれません。
日本ではまだまだ世間的に新しい職業として認められづらい環境ではありますが、世界でプロゲーマーはメジャーな仕事です。

そんな勢いでどんどん拡大していくゲーム業界で働きたいという人は、少なくありません。
それではゲーム業界へ就職するにあたって、どのような進路を選択するのがいいのでしょうか。

大学と専門学校と就職

将来の仕事をゲームに関われるものにしよう、と考えた時に、次に思うのはどうやったらなれるのか、ですよね。
もしあなたが高校生であれば、選択肢は大学か、専門学校か、高卒で就職を目指すのか、が主なものになると思います。
既卒者の場合も進学なら大学か専門学校、他には独学で学びながらの転職活動か、という選択肢に大きな違いはないでしょう。

まず一つ言えるのは、独学で学び高卒での就職や転職というのは、かなり厳しい道だということです。
ゲーム業界の仕事はグラフィッカーやプログラマーなどかなり多岐に渡り、それぞれ資格が必要ということもないため就職が出来ないわけではありません。
知識と技術さえあり、義務教育さえ終えていれば、誰でもなることができる仕事です。
しかしその知識と技術がかなり専門性の高い内容であるため、素人が独学で学んでいこうとするとかなりの時間とお金が必要です。
親族に目指す仕事と同じゲーム業界で働く方がいる、といった特別な環境であればまた話は変わってきますが、学校へ通いながら、働きながらで実践力を身につけるのは、あまり現実的ではないでしょう。

となると残る選択肢は進学ということになります。
世間的には後々の就職を考えて大学を選んだほうがいいと考える人が多く、違いを知る前から大学に進学を決める人が少なくありません。特に今の親世代ではその考えが大半だと思います。
実際大企業では大卒じゃないと採用試験を受けることすらできないところもありますし、大卒の方が初任給が高くなる会社もあるほどです。
しかしそれはゲーム業界のようなスキル重視の世界では話が変わってきます。
それでは大学と専門学校は何がどう違い、結局どちらを目指せばいいのでしょうか。

大学と専門学校の違い

大学と専門学校の違いを羅列する前に、まずはそれぞれがどういった教育機関なのかを改めて見てみましょう。
-------------------------------------
【大学】希望した学問を中心に学ぶながら一般教養を幅広く身につける。
学問の学び方としては学術的・理論的な側面が強い。

【専門学校】希望した職業に関する知識や技術に特化しかカリキュラムで学ぶ。
就職・資格取得を目的とし、実習中心の学びとなる。
-------------------------------------
いかがでしょうか。このくらいの違いなら何となく知っていた、という人も多いかもしれません。
そして実は、なぜゲーム業界では大卒であるメリットが他の業界より薄いのかが既に出ています。

ゲームを一つ作るためには、企画担当、グラフィック担当、プログラミング担当、サウンド担当、宣伝担当、全体の管理など、この他にもたくさんの職種の人が協力する必要があります。
そしてそれぞれが専門性の高い仕事です。イラスト描く人が忙しいからプログラム担当の君お願いね、なんて突然言っても描けるわけないですよね。逆も同じです。
またどんどん技術が発達してどんどん新しいゲームが開発されていく中、全て一人で出来る技術を持っていたとしても開発に時間がかかりすぎてとてもじゃないけど回りません。
そのため一般企業とは違い、高い技術力をもった即戦力のメンバーが随時必要となるのです。

そうなるとやはり在学中から専門技術に特化して学べる専門学校の方が、採用側としては魅力的となります。
もちろん大学卒業でも優秀な人はたくさんいますので一概には言えませんが、やはりカリキュラムにかかる制約が大きい点はデメリットです。

また大きな違いとして、大学で学ぶ場合はゲームを学ぶというよりは美術だったり、プログラミングを学ぶために学部選択することになります。
しかし専門学校にはゲーム学部やゲーム学科の中でプログラマー専攻やイラストレーター専攻と分かれており、実習では各専攻が連携して実際にゲームを作ってみるといった実践的な授業を受けることが出来ます。
企業と提携してインターンシップを実施している学校も多いため、即戦力となる実力をつけるのに十分な環境と言えるのです。

専門学校の選び方

自分が何をやりたいか決まっている人は、そのやりたいことが学べる学校を選択するべきです。
ゲーム系の学科があっても細かな違いはあって、イラストは学べてもプログラミングが出来ない、というケースもあるため、学べる内容を詳しく調べるのは大前提です。
また実家から通うか一人暮らしをするかは人に寄るかと思いますが、通学時間は可能な限り短い場所を選びましょう。
あとは学費や就職実績などを参考に、絞りこんでいくイメージです。
そうした細かな情報はHPで網羅しにくいため、まずは15校ほどのパンフレットを見比べてみましょう。
そこから5校ほどに絞ったら、次は体験入学で気になる学科の授業を体験することです。

学費や学ぶ内容はもちろん大事ですが、一番大事なのはその学校で吸収できることを120%習得することです。
専門学校は義務教育ではないため、自分で得ようとしなければ何も得られません。
なのでモチベーションに繋がる雰囲気や施設は、専門学校選びでとても大切。
そのために実際に行ってみて体験ができるオープンキャンパスが重要なのです。

ちなみに何をやりたいか決まっていない、自分に何が出来るんだろうと思っている方も、まずは学校検索サイト等で色々な学校を見比べて、面白そうな学校の資料請求から始めるべきです。
自分に何が向いているかを見つけるのは難しいですが、自分の興味がどちらに向いているかはなんとなくでもわかると思います。
初めの一歩は興味から。少しずつ夢を具体的にしていきましょう。

コレカラ進路.JPで学校を探そう!!