メッセージ

  • 審判員から治療家の道へ。アスリートの心に寄り添い、活躍を支えるのが夢です。

    千葉 恵美さん

    千葉 恵美さん(在校生)

    鍼灸マッサージ科

    ある女子サッカーの試合で審判員をしていたとき、右足が肉離れを起こし、復帰までに半年かかりました。復帰を焦る私をサポートし、身体だけでなく気持ちまで良い方向に導いてくれた鍼治療の先生のおかげで、治療家を目指す決心をしました。
    呉竹の魅力は、先生方が必ず手をさしのべてくれることです。難しい教科書の文章も、模型などに触れて具体的にイメージしながら学習でき、疑問点は理解できるまで指導してくれます。いつか女子サッカーの世界で選手達の力になっていくためにも、この学校で一日一日を大切に過ごしたいと思います。

    全文を見る
  • スポーツ疾患をケアできる治療家を目指します

    鈴木 孝太さん

    鈴木 孝太さん(在校生)

    鍼灸科Ⅰ部

    将来の治療の幅を拡げるため、柔道整復科の卒業と同時に鍼灸科に入学しました。呉竹の魅力は基礎力と臨床力を重視した学びで、実践的な力を養えるところです。外傷治療に有効な柔道整復術に加え、慢性疾患を治療できる鍼灸を修得し、さまざまなスポーツ疾患をケアできる治療家を目指します。

    全文を見る
  • アスリートを故障から救い、パフォーマンスを引き出せる柔道整復師を目指しています。

    小島 大輝さん

    小島 大輝さん(在校生)

    柔道整復科Ⅰ部

    小学校の時から続けているバレーボールで膝、腓骨、腰など多くの怪我に悩まされ、そのたびに接骨院の先生のお世話になってきました。その経験から、将来は私がアスリートの治療やスキルアップに貢献したいと思い、先生と同じ柔道整復師を目指しています。
    呉竹では入学直後のスポーツ大会でクラスの輪を作り、1年次から3年後の国家試験を見据えた授業が始まります。学科のテストも国家試験を想定していて、実技は臨床の現場で即戦力になるための実践力を養えます。毎日の授業も呉竹医学会などのイベントも、全てがプロになってからのことを考えた学びです。だからこそ、その一つ一つに真剣に取り組み、目標に向かっていく意欲に結びつけています。

    全文を見る
他の人はこんな学校も見ています