アピールポイント

JKCとは?

JKCとは、社団法人ジャパンケネルクラブのことで、1949年に創立されました。アジア最大の国際的な畜犬団体で「国際公認血統証明書」の発行やトリマーの資格認定などもJKCで行っています。2003年には、146犬種575,792頭(世界第2位)が1年間に登録されました。それは1988年と比べると約3倍に増加したことになります。犬が増加したことは、それに関わる職種の需要が増加することに繋がり、今後はトリマーがその他のライセンスを取得することは非常に有意義なことだと考えられます。

動物愛護の精神を高揚することを目的として活動する一貫として、ドッグショー、訓練競技会、トリミング競技会、ハンドリング競技会及びアジリティー競技会の開催のほか、災害救助犬の育成と全国各地での愛犬デーまた、愛犬とのふれあい写真コンテストなどが実施されています。

JKC指定校で学ぶ意義

JKCの指定校として認められるためには、JKCで規定されているカリキュラム内容・授業日数・時間、モデル犬の種類と数、生徒数に合わせたスタッフ・教師の数・その教師のレベルなどが指導基準に達していなければなりません。このような厳しい基準をクリアしている指定校で学ぶことは社会にでた時の信頼の高さに繋がります。

一流を望むならJKC指定校で学ぶのが賢明です。
ライセンス取得も認定校以外のスクールに比べると短期で実現可能です。

公認トリマー受験資格

当スクール1年修了後にJKCトリマーライセンスC級が受験できます。また、C級合格後1年でB級受験資格が得られます。(当スクール在籍者に限ります)
さらにB級合格後2年でA級受験資格が得られます。