日本航空大学校 石川能登空港キャンパスの学部・学科情報一覧

航空工学科(4年制)

実践現場で培った高度な知識・経験を持つ教員を有し、豊富な実機教材を使い、座学と実習のコンビネーションにより即戦力となるエンジニアを育てます。

卒業後の主な進路

・研究・技術者(機械・エネルギー) ・企業内研究員
・CAD技術者
・研究・技術者(機械)

  • 募集定員

    40名

  • 修業年限

    4年制

【航空工学科のポイント】

■「高度専門士」称号取得
卒業時に四大卒と同等の「高度専門士」の称号が与えられるので、就職に有利です。また、卒業後に大学院に進学することも出来ます。

■職業実践専門課程に認定
文部科学省認定の「職業実践専門課程」の認定校になりました。企業や業界団体と連携し、職業に必要な知識・技術・技能をより実践的に学べます。

■恵まれた実習設備環境
3次元CADソフト「CATIA」や「KMAP」などのコンピュータ設計ツールが充実し、高い専門技術が身に付きます。「3Dプリンター」があるだけでなく、ヘリコプタなど日本一豊富な実機・実習機材が揃っており、設計詳細の確認が出来ます。

■ドローンを学べる
“空飛ぶクルマ”とも呼ばれるeVTOLの開発技術者として必要となる自律制御や機体開発を、オープンソースArduPilotを用いて学ぶことができ、3Dプリンタですぐに試作品を印刷し飛行試験を行うことができます。

  • 初年度納入金

  • 1,210,000円

航空整備科(3年制)

国産大型旅客機YS-11やベル式206型ヘリコプタなどの実機を教材に、航空機を基礎から勉強し、一等航空運航整備士、二等航空運航整備士の資格取得を目指します。

卒業後の主な進路

・航空整備士

  • 募集定員

    60名

  • 修業年限

    3年制

【航空整備科のポイント】

■日本で唯一、在学中に大型機の整備士資格が取れる
大型ヘリコプター『S76』を保有しているため技能審査(実機)を学内で受けることができます。
大型機の航空整備士資格(学科・実機)を在学中に取得できるのは、全国で本校だけです!

■「基本技術II」を取得
「一等航空運航整備士」、「二等航空運航整備士」取得時に、ワンランク上の「基本技術Ⅱ」を取得します。
これにより、将来上位資格を取得する際に科目免除の対象となります。

■少人数制教育
指導教官が学生ひとり一人の実力を把握することで、きめ細やかな教育を実現しています。

  • 初年度納入金

  • 1,210,000円

航空整備技術科(2年制)

2年間のカリキュラムで企業のカラーにふさわしい人間性や製造技術を修得し、関連企業から信頼されるものづくりのプロを目指します。

卒業後の主な進路

・研究・技術者(機械・エネルギー) ・企業内研究員
・CAD技術者
・研究・技術者(機械)

  • 募集定員

    40名

  • 修業年限

    2年制

2年間のカリキュラムで企業のカラーにふさわしい人間性や製造技術を修得し、関連企業から信頼されるものづくりのプロを目指します。

【航空機・宇宙関連機器の設計・製造】
■世界最先端の「ものづくり」に携わる
最新鋭の航空機「ボーイング787」の製造で世界の注目を集める日本の航空機製造業界。日本航空大学校のOBは航空機の設計・製造のみならず人工衛星やロケットなど、宇宙関連機器製造分野でも大手重工業などで活躍しています。日本は、この分野の技術力において世界でもトップクラスの実力を誇ります。自分が造った航空機が世界の空を飛び、ロケットが宇宙へと飛ぶ、夢とやりがいのある仕事です。

  • 初年度納入金

  • 1,190,000円

操縦科(2・4年制)

操縦科では2年制と4年制の2コースを設け、資格の有無や個々のレベルに合わせた操縦訓練を行い、操縦士として必要な知識・技術を身に付けます。

  • 募集定員

    20名

  • 修業年限

    2年制 / 4年制

【操縦科のポイント】

■奨学金「未来のパイロット」
パイロットを志す学生が、経済的負担によりその夢を諦めることのないよう、操縦士育英会を設立し、新たな奨学金制度を創設、支援することになりました。

■実機を使用しての専門教育
本校はのと里山空港に隣接し、2,000mの滑走路を共有しています。大型機YS-11 や小型機、モーターグライダーなど多数の機体を所有し、座学で学んだことをすぐに実践できます。

■資格取得で就職に有利
有資格者採用制度に必要な資格が在学中に取得可能なので、就職に有利です。また、4年制のコースでは、卒業時に四大卒と同等の「高度専門士」の称号が与えられるので、就職の幅が広がります。

  • 初年度納入金

  • 7,710,000円(2年制)
    5,810,000円(4年制)

航空ビジネス科(2・3年制)

キャビンアテンダントやグランドスタッフを目指す航空ビジネス科は2年制と3年制の2コースがあり、 3年制「語学研修専攻コース」では英語圏へ約8ヶ月間留学します。

卒業後の主な進路

・キャビンアテンダント ・フライトアテンダント
・グランドホステス
・空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
・空港業務スタッフ(グランドハンドリング)

  • 募集定員

    40名

  • 修業年限

    2年制 / 3年制

【航空ビジネス科のポイント】

■日本一のCA合格率!
卒業生の31%はCAとして就職し、学科開設以来8年連続ANAのCAを輩出しています。

■航空業界との連携
日本航空学園創立90年の伝統で培った航空業界との太いパイプで、毎年70社以上の企業説明会を学内で実施し、高い就職率にも結びついています。航空会社でのインターンシップも積極的に実施しています。

■学内で就職試験を実施
企業によっては学内で就職試験を実施しています。いつもの校舎で面接試験・筆記試験を受けることが出来るのでリラックスして臨めます。

■実物大模型での機内実習
学校内にあるキャビンサービストレーナーで客室乗務員の機内実習を行います。アナウンス実習やA320の脱出用スライドで緊急時の実習も行います。

  • 初年度納入金

  • 1,150,000円

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!