メッセージ

  • グループワークを通して、広い視野を身につけることができました。

    遠藤 せりか さん

    遠藤 せりか さん(卒業生)

    リハビリテーション学科 作業療法学専攻 2018年3月卒業/秋田県立平成高等学校 出身
    医療法人社団 健育会 ねりま健育会病院

    現在は回復期のリハビリセンターにて、地域に根ざした支援を行っています。在学中は、作業療法士としての専門知識はもちろんですが、グループワークが多かったため、考え方を共有することで広い視野を身につけることができました。臨床の現場では多職種との連携が多くあります。チーム内でのディスカッションにおいて、必要な情報を事前に準備して臨むことの大切さを改めて実感しています。
    今後も学会や勉強会に参加し、幅広い知識を修得していきたいです。

    全文を見る
  • 大学の4年間で学んだことは「必要ないものは一つもない」と感じています。

    五十嵐 弘樹 さん

    五十嵐 弘樹 さん(卒業生)

    診療放射線学科 2017 年3 月卒業
    群馬県 東京農業大学第二高等学校 出身
    公立昭和病院 勤務

    三次救急の病院で、一般、CT、MRI、AG 等多岐に渡って業務しています。総合病院でもある為、患者さんの疾患も様々であり毎日が勉強です。実際の撮影の工夫や装置の使い方は各病院で異なるため、臨床に出てから学ぶことが多いですが、その基となる基礎知識は大学時代に学んだことがとても役に立っています。また、目上の方との接し方やコメディカル間のコミュニケーションの取り方も、大学での学びが重要な要素になっています。

    全文を見る
  • 学科の枠を超えた学びが、今に活きています。

    向井 美咲 さん

    向井 美咲 さん(卒業生)

    臨床工学科 2017年3月卒業/埼玉県立深谷第一高等学校 出身
    日本赤十字社 深谷赤十字病院

    在学中は、臨床工学技士に必要な専門的な知識や技術はもちろん、チーム医療に欠かせないコミュニケーションを学びました。チーム医療演習やコミュニケーション論の講義では、学科の枠を越えたグループワークが多くありました。そこで得た他職種への理解が、現場に出た今、活きています。チームの一員として、高度な医療機器の操作や技術を身につけ、幅広いフィールドで活躍できる臨床工学技士になりたいです。

    全文を見る