オープンキャンパスに1人で行きたくない……

オープンキャンパスに1人で行きたくない……

オープンキャンパスに1人で参加するのは緊張するし、不安という声は多いです。
しかし、1人だからといって行きたいオープンキャンパスを諦めてしまうのはもったいないです。
実は、1人で参加するメリットはたくさんあります!
まずは、どのくらいの人が1人で参加しているか見てみましょう。

実際どのくらいの人が1人で参加しているの?

●現在大学生の先輩200人にアンケートをとったところ、なんと……
 79人が1人で参加したことがあるようです!
 ※出典元:Benesse

● 全国の高校生145人にアンケートした結果(以下の表を参照)

1位 友達と行った 60%
2位 保護者と行った 35.9%
3位 1人で行った 30.3%

※出典元:スタディサプリ

→保護者と行った人と1人で行った人の比率は同じくらいなんです!

1人参加を選んだ理由は?

自分の興味に合わせて見たいところを自由に見てまわれる。

学校などの団体で参加すると時間に制約がかかるため、自分の興味のある分野を見られない可能性があります。

先生や先輩に質問を遠慮せずに聞くことができる。

友達と一緒だと先生や先輩に質問する内容を聞かれるのが恥ずかしくて、遠慮してしまい相談できないなんていうこともあるようです。

1人で参加すると、先生や先輩に話しかけてもらいやすい。

複数人で行くと、自分たちだけで会話をしてしまうことが多くなってしまいがちですが、1人で参加することで先輩たちから話しかけてもらえたり、隣の席の子と仲良くなれることもあるそうです。

友達と参加すると遊んでしまう。

友達と参加すると遊んでしまい、本来の目的が果たせなくなることを心配して、1人参加を選ぶ人もいるようです。

友達と参加すると気を使ってしまう。

相手が見たい場所に付き合ったり、付き合ってもらったりと何かと気を使ってしまったという意見もありました。

通学をシミュレーションできる。

実際に1人で参加をした先輩方は、交通手段の乗換えなど、本当に通うことになったと想定してシミュレーションをしたそうです。

1人参加で感じたデメリットは?

ご飯を食べるときに寂しい。待機の時間が暇になる 。

1人で参加すると休憩時間や空き時間が寂しいという回答が多いです。

お金のことに関しての話ができない

自分だけで判断できないお金のことについては、相談できないなどのデメリットがあります。

まとめ

結論として1人参加はメリットが多いと言えます。
自分の好きなように予定を立てて、遠慮せずに学校を見てまわれるので、1人参加を選ぶ人がいるのも納得ですね!
ただし、入学を考えると金銭面の相談等も必要になっていくので、その場合は保護者と一緒に参加しましょう。
また、回数を重ねるごとに学校のことが見えてくるので、同じ学校に何度も足を運ぶのがおススメです!