口コミ募集中

お気に入り登録

学校法人イーエスピー学園

専門学校ESPエンタテインメント東京

メッセージ

  • 大都会・東京に 偉大な先輩たちの背中を追って。

    山内亜竜さん(在校生)

    レコーディングコース

    小さな頃から、特別に音楽が大好きというタイプではなく、ごく普通の幼少期を送ってきました。ただ、中学生の時に転機が訪れます。いつものようにテレビを観ていると『90年代J-POP特集』的な番組が放送されていました。そこから流れてくる曲たちを聴いて「音楽ってなんて素晴らしいんだ」って思ったんです。その日に、将来は音楽の道に進むと決めて、今に至ります。高校生になってからは、バンド活動もしていたんです。でも、プレイヤーとしての演奏以上に「音楽が出来上がる過程」に興味を惹かれていました。調べているうちに、レコーディングエンジニアという職業があること、そして、その人たちが楽曲の仕上がりに大きな影響を与えているということを知ったんです。特に刺激を受けて、憧れているのは、大滝詠一さんとエンジニアの吉田保さん。松田聖子さんの「風立ちぬ」という曲をはじめて聴いた時に「こんなにいい曲を書いたのは誰だろう」って思ったんです。まさにその曲が、大滝詠一さんとの出会いでした。そこから、はっぴぃえんどやナイアガラ・レーベルは聴き漁りましたね(笑)。また、吉田さんは、大滝詠一さんや山下達郎さんのエンジニアを担当されていて、数々の名曲を残しています。僕自身も、そういった偉大な方々と肩を並べて、歴史に名を残せるようなレコーディングエンジニアになりたいですね。
    ESP学園のレコーディングコースに入学したのは、その夢を叶えたいから。オープンキャンパスに来た時に、充実した施設と、講師の方々のレベルの高い指導、在校生のモチベーションの高さに驚きました。その日の帰り道にはもう「進学するならここしかない!」って決めていましたよ(笑)

    全文を見る
  • ためらうことなく、1歩を踏み出す。 すべての女子に、勇気を与える存在に!

    輿水 加恵さん(在校生)

    ダンスヴォーカルコース

    歌をはじめたのは、些細なきっかけから。小学校の時に、E-girlsのオーディション番組を観て「オーディションって楽しそう!」って思ったんです。その頃はダンスをやっていのですが、なぜか「オーディションなら、歌だろう」と思い、シンガーとして挑戦するようになりました。それからというもの、多い時には年間30本くらいのオーディションに参加し、その度に東京に来ていたんです。
    憧れの存在は安室奈美恵さん。でも、あの人のようになりたいという気持ちはありません。憧れではありますが、目指しているわけではないんです。私は私なりの姿でありたいと思っていますから。
    高校時代には「デビューしたい」とか「あの会場でライブをしたい」という夢があったわけではなくて、でも「私はミュージックステーションに出演するんだ」と信じていました。いま思えば、かなり強気ですよね。デビューは当たり前に出来るものと思っていましたから(笑)。ESP学園のヴォーカルパフォーマンスコースに入学して、同じ世界を目指す、数十人ものクラスメイトの歌声を聴くと、私も中学の頃から、ずっと努力はしてきたという自負はありましたが「上には上がいるんだ」と実感しました。だから、今は歌だけではなく、ダンスや演技なども学び、総合的に成長していきたいと思っています。
    私には大切にしているマイルールがあります。それは「ポジティブにいること」。ヘコんでいるだけでは何も進みませんからね。とは言え、ひとりで悩むのも好きなんです(笑)。ひとりになって、1つのことをじっくり考える。その時間が、もっともリラックスしているときかもしれません。だから、毎日、さまざまなことを悩み続けられるのは、いいことだと思っていますよ!

    全文を見る
  • ずっと心にあった、ひとつの思い。 それが、モヤモヤから自分を救った。

    藤 有紗さん(在校生)

    シンガーソングライターコース

    私が通っていた小学校には部活動がありました。ただ、選択肢が、サッカー、バスケ、吹奏楽の3つだけ。球技が苦手だったので「まあ、音楽にするか……」くらいの気持ちで吹奏楽を選び、そのまま高校までずっと、トランペットを吹きつづけることになりましたね(笑)
    はじめてギターを弾いたのは、中学生の頃。先輩から「バンドを組むためにギターを探している」と言われ「お兄さん、確か去年の文化祭でギターを弾いていたよね? じゃあお願い!」というめちゃくちゃな理由でメンバーに入ったんですよ(笑)。もちろん、兄がやっていたからといって、私が弾けるわけではありません。頑張って練習しましたが、本番はボロボロでしたね……。それからは、自然とギターにさわる時間も少なくなっていきました。でも、ある日、なんとなく思い立って、練習をはじめます。バンドは組んでいなかったので、高校生になってからは、「弾き語りをしたいな」という思いで、エレキをアコギに持ち替えました。ただ、高校も軽音楽部がなかったので、吹奏楽部。1、2年の時は、そっちを優先していたので、誰かに聴いてもらう機会はありませんでした。はじめて人前で弾き語りを披露したのが、高校3年の文化祭です。ものすごく緊張しましたが、「楽しい!」という気持ちが強かったと思います。
    正直、当時は将来について、「何になりたい」とか「この勉強をしたい」というものがありませんでした。だから、「このまま、何も考えず、大学に行くのも……」とモヤモヤしていたんです。それでも、ひとつだけ、ずっと心の奥にあったのが「歌をうたいたい」という思い。そこで、一念発起し、音楽系の専門学校のプレスクールや体験入学に参加して、東京にあるという理由でESP学園への入学を決意したんです。

    全文を見る
他の人はこんな学校も見ています