メッセージ

  • 本物のスペシャリストを目指す皆さんへ

    清宮克幸校長(先生)

    「ここに来て良かった」という笑顔を沢山増やすために
    15歳でラグビーと出会い、選手17年監督18年間のラグビー中心の生活を2年前に卒業しました。

    私の学生時代は素材や環境に恵まれない選手、チームが、いかにして勝つかという事に没頭した7年間でした。
    そこで得たものは、独自の戦略を練り、挑み続ける事で結果は変えることが出来る。ということです。このことは、その後の人生の支えとなる貴重な経験でした。

    独自の戦略を立てて、戦うために必要なことは、情報を集め分析し計画を立てること。
    そしてそれを実践し、検証すること。足りないものがあれば補うし、補うものが手に入らなければそれを自分たちで創るという事だと。

    この度、ご縁があり創志学園 日本健康医療専門学校校長を拝命する事になりました。
    ここに集う学生たち、職員、先生方と新たなる創造に挑戦し、結果を変える。
    「ここに来て良かった」という笑顔を沢山増やすことが出来ますよう、その任を精一杯努めさせていただく所存であります。

    皆さま、どうかよろしくお願い申し上げます。

    全文を見る
  • ここは私にとって一生の学びの場です

    藤田 みなと先生(卒業生)

    本校柔道整復学科 専任教員
    都内中高校トレーナーと併せてフリーランスとしても活動中
    柔道整復学科2013年卒業

    在学中の3年間は人生で1番全力で勉強をした時間でした。整骨院や塾、トレーナー活動でアルバイトをしながらの通学と学習は本当に大変でしたが、同じ目標に向かって頑張る仲間と見守って下さる先生方がいたおかげでやりきることができました。憧れの先生方の背中を追いかけながら、夢に向かっていく学生と共に全力で頑張ることができるニッケンは私にとって大切な一生の学びの場です。

    全文を見る
  • 大学進学とも迷ったけど、ここに決めて正解!

    鈴木 壮さん(在校生)

    鈴木 壮さん(在校生)

    柔道整復学科
    スポーツトレーナー養成コース

    進路で大学か専門学校か迷っていましたが、オープンキャンパスに参加して即決しました。
    学校の雰囲気が良くて、みんな活気があって明るいんです。柔道整復学科の授業のほかにスポーツトレーナー養成コースの受講、部活やバイトもしているので、毎日忙しくて大変ですが、同じ目標に向かって頑張る仲間と共に充実した日々を送っています。
    将来の自分を思い描いて、後悔しないようにこれからも努力を続けていきたいと思います。

    全文を見る
  • こまめな小テストで理解度をしっかり把握

    瓜生 千乃さん(在校生)

    瓜生 千乃さん(在校生)

    柔道整復学科
    スポーツトレーナー養成コース

    柔道整復学科は男女関係なく仲が良くとても良い雰囲気で授業を受けることが
    できます。先生方はわからないところがあると理解するまで親身になって教えて
    くれます。小テストが多いので大変ではありますが、そのおかげで前回の授業を
    思い出すことができるので、より一層理解を深めることができています。
    仲間たちと刺激し合いながら毎日充実した日々を送っています!

    全文を見る
  • ハイレベルな選手にも対応できるトレーナーを目指して

    鵜沢 和己さん(在校生)

    鵜沢 和己さん(在校生)

    鍼灸学科
    スポーツトレーナー養成コース

    僕は鍼灸治療に感動し、スポーツトレーナーになりたいと思ってニッケンに入学しました。
    最近では、鍼灸の魅力をどうやってアスリートに伝えるか、他とは違うトレーナーになるには
    どういったスキルを身につければ良いのかなどを友人たちと相談し合うことも多くなりました。
    将来レベルの高い選手を相手にした時、説得力のある知識と身体が求められると思ったので、
    勉強だけでなく身体づくりにも励んでいます。
    ニッケンには最先端のトレーニング知識を教えてくれる先生が揃っています!

    全文を見る
  • 幅広く学べることがニッケンの最大の魅力です

    佐藤 杏樹さん(在校生)

    佐藤 杏樹さん(在校生)

    ライフケア学科
    医療事務・ボディケアコース

    医療事務職として病院に就職するために入学しました。
    授業では医療費の計算だけでなく、介護技術やリラクゼーション
    なども学べ、数多くの資格にもチャレンジできるので、幅広い知識
    を持って卒業できるのが魅力だと思います。

    全文を見る