【いつから行ける?】コロナが終わったら韓国に行きたい人必見!韓国旅行のススメ

【いつから行ける?】コロナが終わったら韓国に行きたい人必見!韓国旅行のススメ
 

まさに今、「第4次韓流ブーム」の真っ最中!「コロナがなかったら韓国行ってた!」「コロナが憎い!」という人も多いのではないでしょうか。

それで、コロナがなくなった後の世界に想いを馳せながら、韓国旅行について解説していきます!

韓国に行くのはどれくらいかかる?

韓国に行く時、降り立つ空港は大体「仁川空港」だと思います。
ソウルに行くなら、大体ここに降り立つと思います。

成田からだと仁川までおよそ2時間半。費用は往復で3万円ほどです。
関西国際空港、中部国際空港(セントレア)からだと2時間ちょっと。福岡だと1時間半くらいで仁川に着きます。(その代わり便数の問題なのか、成田発よりは少々割高です。)

これは住んでいる地域にもよるので、自分が乗るべき空港から、仁川行きの飛行機がどれだけ飛んでいるのか、どれくらいの安さなのか、しっかり確認する様にしましょう。
ともかく、国内と同じ感覚で、気軽に海外に飛んでいけるというのは、韓国旅行の大きな魅力ではないでしょうか。

仁川からどう移動する?

仁川空港からソウルまでは大体70キロあります。さすがに歩いて行けるような距離ではありませんよね。
仁川からソウルに行くには、主に3つの方法があります。

・空港鉄道

通称A’REXと呼ばれている空港鉄道が仁川とソウル駅を結んでいます。
ノンストップでソウルまでいける直通列車が、43分で9000ウォン。
各駅停車で進むと、59分で半額以下の4150ウォンだそうです。

・リムジンバス

リムジンには大韓航空(KAL)が運営する「KALリムジン」と、「高級リムジン」、そして「一般リムジン」が存在します。
所要時間は大体1時間〜1時間半くらい。料金も大体15000ウォンから16000ウォンほどです。

・タクシー

ちょっとリッチにタクシーで移動してみるのもいいかも。所要時間は大体1時間前後で、料金は6〜8万ウォンくらいです。

宿泊費はどれくらいかかるの?

ホテルにもよりますが、高級ホテルだと数十万ウォン、中級ホテルだと5万〜15万ウォンくらいしますが、韓国には格安で泊まれるホテルも多くあります。旅館もかなり多く、安い値段で韓国の文化に触れる事ができます。

両替はどこでするべき?

さっきから当たり前のようにウォン、ウォンと繰り返していますが、
そもそもウォンってどれくらいの価値か知っていますか?

大体ですが、「1円=10ウォンちょっと」と考えて差し支えないと思います。
では、円からウォンへの両替は、果たしてどこでするべきでしょうか。
一番レートがいいのは、街中の銀行または両替所です。その後に空港内の銀行または、両替所。その次にホテル。日本の銀行で両替するのは、あまりお勧めできません(損をしてしまうので)。

ちなみにコンビニでも両替ができるところがあります。
明洞にあるセブンイレブン明洞店は絶好の換金スポットとなっています。
かなりレートが高く、そして手数料がかからないんです。24時間、お金が欲しいと思った時にいつでも換金ができます。韓国銀行とダイレクトで取引しているため、安全性もかなり高いと言えます。

逆に避けた方がいいのは、道端にみかける様な簡易両替所。認定書を貰っていない訃報両替所である場合も少なくなく、ぼったくられたり、たまに偽札が紛れ込んでいたりすることも。

物価は安いの?

「物価が安いのか」と聞かれたら、実際にはそうでもないらしい。

特に日用品は、日本より高く感じられることも多く、日本で買っておくのが無難なんです。
食費はもちろん安く済ませられるところもありますが、ちゃんとしたところで食事をすれば、それなりの金額はします。

そして、韓国で気をつけなければならないのは、キャッシュレスがかなり普及している国であるということ。「キャッシュお断り」のお店も結構あります。
クレジットカード、トラベルプリペイドカードなど、持参していくのをお勧めします。

いかがでしたか?コロナが収束したら、憧れの韓国旅行、実現させましょう!