【高校生必見】MBTIって何? | 無料でできる診断の仕方、適職、相性、おすすめの勉強法や進路について紹介!

【高校生必見】MBTIって何? | 無料でできる診断の仕方、適職、相性、おすすめの勉強法や進路について紹介!
 

近年、韓国を中心に流行っている性格診断として「MBTI」というものがあります。

自分の性格タイプを知り、仕事や進路の決定、今後の生活スタイルに役立てられます、

性格検査系の診断で、現在アメリカで最もポピュラーな性格診断として利用されています。

他にも50カ国以上の国で利用されており、世界で広く知られている性格検査です。

MBTI診断では「自己理解」「他者理解」「人間関係」「チームビルディング」「リーダーシップ」など人に関わるものならありとあらゆるものの数値や方向性を調べることができ、さまざまなめんで役立てることができるため、日本でも徐々に広まってきています。

MBTI診断はスキルのレベルや能力を測るものではなく、「どのように世界を見て、どのように適応しているか」や、「私たちの心はどのように作用しているか、機能しているか」「自分は何者であるかと」という、いわば「核心に迫る」というものです。

スイスの心理学者であるカール・グスタフ・ユングの著作の中で解説されている「性格理論」をもとにアメリカのキャサリン・ブリックスとその娘イザベル・ブルックが開発し、1962年に完成させたもので、マイヤーズブリックスタイプ指標とも呼ばれています。

実際にMBTIの指導を受ける際は、開発された質問に答え、さらにMBTI有資格者のフィードバックをもらい、理解を深める必要がありますが、簡単にMBTIの診断を受けることができるサービスなども存在しています。

無料でMBTIを受けるには?

MBTIを受けるには「16Personalities性格診断テスト」というサービスがおすすめです。

無料で質問に答えるだけで、16種類の性格診断を受けることができ、他の人との相性や適職などについても簡単に測ることができます。

・精神(意識)Mind
どのように他人と関わるか

・エネルギー Energy
物事の見方、情報処理

・気質 Nature
意思決定、感情処理のしかた

・戦術 Tactics
仕事や計画の進め方

・アイデンティティ Identity
能力や決定に対する自信の度合い

この5つの性格的側面から「キャラクター分類」が導き出されます。
自分にあった専門学校・大学を探してみる

MBTIを使って適職を調べるメリット

MBTIは学習スタイルなどはもちろんのこと、それぞれのタイプに合わせて向いている職業についても教えてくれます。

自己分析をすることはとても大切ですが、自分を客観的に見てどのような仕事が向いているかなどの意見が欲しい人にはぴったりです。

「やりたいことが見つからない」という方はもちろんのこと、「ずっと一つの進路だけを考えてきたけれど、本当にこの進路で良いのだろうか」と悩んでいる方にもおすすめの診断となっています。

もちろん、すでにやりたいことがあったり、進みたい進路が決まっている方はMBTI診断によって多少それとは異なる診断結果が出てしまったとしても、自分のやりたいことを優先することをお勧めします。

あくまでもMBTI診断は診断に過ぎないので、完全にあなたのことを理解できるわけではありません。

あなたのことは自分自身が一番わかっていると思うので、自分が進みたい進路が決まっている方は、参考程度に、気軽な気持ちで利用することをおすすめします。

性格のタイプは変化する

MBTIの診断結果は、受ける時期やその時の精神状態などによっても異なります。

もし、自分の納得のいく結果が出なかった場合は、またしばらく経ってからもう一度診断を受けても良いでしょう。

いくら診断とはいえ、自分の進みたい進路と全く違う結果が出てしまった場合は、あまりいい気分はしませんし、何よりウィークポイントなどを知ることもできるので、それを見て自分なりに改善してみて、今後その後にもう一度診断をできるというのもお勧めします。

友達との相性も測れる

MBTI診断ではそれぞれの診断結果に応じて他人との相性を測ることもできます。

もちろん友達や家族との相性を測ることもできます。

それぞれ16種類の性格類型に分類されるので、相性がいいかどうかもお友達同士で計ってみるのも楽しいかもしれません。
しかしあくまでこれは診断ですので仲の良い友達でも「相性が悪い」と結果が出てしまったりします。
鵜呑みにせず、あくまで遊びの一環として行うようにしましょう。
自分にあった専門学校・大学を探してみる

まとめ

今回はMBTI診断についてご紹介しました。
16の性格類型から相性や向いていること、スキルを測ることができるので、ぜひ利用してみていください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

自分にあった専門学校・大学を探してみる